2005年10月29日

第38節 山形戦 2-0

久し振りの勝利。
3位との勝ち点差も10に。
これでチームに変化があれば。。。

久し振りにウメさんが怪我から復帰してベンチに。
途中出場して改めてその存在感を示した。

ウメさんが好プレイするとミチが得点します。
何故かウメさんは得点が少ない。

サイドやポストというだけではなくて、
一番危険な相手DFの裏を狙ってFWが勝負するという形。

体力的に90分は難しいことを考えると、
前半途中や後半からというのも。

ユウスケはボランチや左よりも、
トップ下をやると意外と面白いかも。

ボランチで守備を考えたり左でパス先を探すよりも、
トップ下で強引にシュートを狙うと相手には脅威かも。

なんとゴーランが怪我だそうですorz
苛立ちを解消するちょうど良い期間かもしれません。

周囲との連携にかなり不満を持っていました。
特に相手は冨山ですけども(笑)

坂本を久し振りに見ることができましたが、
相変わらずの心得たプレー振りでした。

チームでの役割とこなすことが出来て、
自分らしさも出しているし。

そうそう初登場のビッグフラッグがなかなかよかったかと。
1ゲに居たので正面から見ることができて壮観でした。

最後にサポーター集会は雨天のために中止だったようです。
うろうろしたけ誰もいませんでした。
posted by kash at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ピッチの上で表現する

最近ふと思ったのがサッカーはフィギュアスケートみたいだなーと。
単にスケートリンクの上で技術を披露するだけではなくて、
その上で何かを表現する。

フィギュアスケートは審査員に評価されて勝利を得るのに対して、
サッカーは相手を倒してゴールを奪い勝利をもぎとります。
フィギュアスケートと言うと芸術という感じがしますね。

共通するのはピッチ(スケートリンク)で表現するということ。
観客が見て判るぐらい自分(達)を表現すること。

それがフィギュアスケートでは「芸術」につながり、
サッカーでは「強さ」や「勝利」につながる。

いま、ピッチ上では何が表現されているのだろうか。
チームは何を表現したいのだろうか。

サポーターが見て判るぐらいに、
ピッチの上で表現してほしい。
posted by kash at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こほん、こほん

今週は風邪をひきながらも頑張った一週間でした。
頑張ったのも全ては明日の試合のため。
また一ヶ月ぶりの観戦になります。

チームの調子がよくないだけに、
どうやったら良くなるんだろうと、
色々と考えますけども。

試合観戦を単純に楽しんで、
勝利を喜びたいなーと思います。
負けるとなかなか難しいですけどね(笑

試合後にはサポーター集会があるようです。
時間があるので参加してみようと思います。
どうなるのかこちらもちょっと楽しみ。
posted by kash at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

湘南のサッカー?

改良に改良を重ねていくと目の前の問題にだけ囚われて、
いつしか自らの足元と目指している場所を見失う。

自分達の基本となるプレーを思い出し、
その一つ一つの意味を問い直そう。

そして目指すべきサッカーに向けて、
階段を一段づつ上っていこう。

posted by kash at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

いけない、いけない

忙しいとついつい間が空いてしまいます。
札幌戦と草津戦は仕事で欠席しましたし、
何より天皇杯での敗戦というショックもありました。

その間にもチームは上昇の兆しはなく、
3位との勝ち点は広がりました。
そしてクラブは上田監督の続投を決めました。

ネットの意見を眺めて見ると、
肯定とも否定とも言えない微妙な雰囲気です。

札幌が柳下監督の続投が決まった時に、
サポーターが喜んだのと比較すると違いが顕著です。

何故湘南のサポーターは上田監督を支持しきれないのか。
恐らく上田監督のサッカーがピッチに見えてこないからではないでしょうか。

そして選手やチームを100%活かしてる様に見えない。
そういうことではないでしょうか。

更に言うならば、監督の目指しているサッカーに先はあるのか?
そんな疑問を抱かせる今日この頃です。

いま、守備にも攻撃においても、現状より先が見出せません。
昨季の第4クールは期待を抱かせる内容だっただけに、
どこで歯車が狂ってしまったのか。

このままだと今季も来季も期待できません。
posted by kash at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

振り返る北陸戦 その1

微雨という天候もあってスリッピーなピッチ。
立ち上がりから湘南の選手は転んでいました。

湘南の選手は最後まで転んでいたのに対して、
一方の北陸の選手は転んでいませんでした。

対策をきちんと取って欲しいとは思いますが、
まだそこまで手が回らないというところでしょうか。

湘南の出来自体は先週の福岡戦と大きな変化はなく、
中3日で試合が続いている現状ではやむなしか。

攻め込む矢先にボールを取られてカウンターを受け、
守備は共通理解がなく両サイドを攻め込まれました。

書いていて凹み・・・orz

チームとしての守備や戦い方の共通理解ということが、
シーズンが進むにつれて失われていく感じがします。

一方で北陸はチームとしての戦い方が統一されています。
試合の最初から最後まで見事に貫かれていました。

相手の攻撃は2人、3人で取り囲みプレスをする。
そこからサイドで勝負をする。

体力の切れている延長においても、
プレスが途切れていることはありませんでした。

ゴーランが来日初ゴールをあげましたが、
何とか取れたというゴールでした。

それに対して北陸のゴールは必然でした。
2点とも狙い通りでしょう。


一番の問題はシーズンが進むにつれて、
守備や戦い方の共通理解が薄れていき、
チームの質が落ちていることです。

上田監督も頭が痛いのではないでしょうか。
コメントもどんどん力が失われている気がします。

ここで立て直す方法を見せるのが監督の手腕です。
監督として正念場でしょう。
posted by kash at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

天皇杯3回戦 対アローズ北陸 1-2

・・・
・・・・
・・・・・
完敗です!!
以上!!

(お察しください・・orz)
(もう泣きたいですよー(T−T)
posted by kash at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

人財

人材をもって人財と為す。
材という生まれながらの才能を鍛えていき、
財という蓄積されたものにする。

人材を人財とするのは組織の力。
そして人財が組織の力

うちの会社は利益のみを追求したことで、
利益を生み出さないと考えた人財育成を怠った。

やがて傾いた会社は利益を生まないと人財育成を禁止し、
貴重な人財を次々と磨り減らしていく。

ヤスの移籍が決まった時に話題となった。
うちのクラブは人財をどう考えているのか。

湘南ベルマーレは人材を人財に鍛えているのか。
もちろんクラブを信じている。

しかし自分の会社を振り返ると、
とても心配になる。

だからこそピッチで我々に見せて欲しい。
人財というクラブの力を。
posted by kash at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

第34節 福岡戦 1-2 その3

試合後には7ゲでは引き上げる選手にブーイング。
1ゲでは拍手とスタンスの違いが出たのも印象的でした。

7ゲはチームと勝利というのに重点があるのに対して、
1ゲは好きな選手を応援するのに重点があるのでしょうか。

勝手な推測で印象ですが、
運動会で息子を応援する両親のイメージ?(笑)

どちらが良いとも悪いとも言えず。

ところで7ゲのサポーターは試合後に競技場に残って、
クラブの方に陳情(?)を行ったそうです。

ネットから情報を得ただけですので、
どのような話だったのかはさっぱりです。

サポーターがクラブに何か意見を言うというのは、
双方にとって良い事なので活発に行って欲しいと思います。

さて、本日はもう日曜日です。
改めて順位表を見直してみると、、、

あら不思議!3位と未だに4ゲーム差。
他のチームも負けたようです。

自分達は負けているだけに、
まさに幸運としか言い様がありません。

どうやらサッカーの神様というのは、
諦めない限りは昇格のチャンスをくれるようです。

というわけで水曜日は水戸戦です!
佐倉からだと水戸は何故か都心周り・・・orz

ネットでポチポチして応援します。
願わくば勝ち点3を!
posted by kash at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第34節 福岡戦 1-2 その2

試合の布陣は前回ホームの布陣と様変わり。
出場停止はCBのバリとSBの良和です。

CBは戸田に、SBは冨山になりました。
守備の右翼がまるごと入れ替えということです。

さらにサトユーがボランチに戻り、
ゴーランがボランチから右MFに、
望さんが右MFから左MFに。

ゴーランが右MFの経験があることを考えると、
これはこれでありかなーと思いました。

さて、試合の方はというと、
左右のサイドを相手に抉られる展開に。

攻めの方ではまさに攻め上がる時にボールを取られて、
相手のカウンターを食らうことに。

私の席の近くでは試合解説をしてくれる方がいたのですが、
その方が非常にJOJOさんを褒めます。
「最後まで集中を切らさない漢、PJ!」

催眠にかかったように守備ではJOJOさんをついつい観察。
何故かどんどん活躍してるように見えてきます(笑)

現在の最注目はゴーランなんですが、
やはり右サイドでも実に素晴らしい動き。

残念なのは冨山との守備連携が確立されていなかったこと。
何度も冨山に指示を出しますがうまくいかず、
ゴーランはかなり怒っていました。

試合中もハーフタイムでのピッチの移動でも、
監督や冨山に動きを説明していました。

後半になるとセットプレーで完全に集中力を切らした福岡に、
CKからウメのゴールで見事に先制しました。

しかし左右のサイドが抉られることと、
攻撃の時にボールを取られてカウンターという、
2点が最後まで修正できず2失点しての逆転負けと相成りました。

ロスタイムにはウメさんが抗議で2枚目のイエロー。
「ウメ、悪くない、お前悪くないよ!」
と解説の方のお言葉が印象に残りました。

ただ、出場停止は確定です。
サポーターとして、それは残念。


長くなりましたので本日はここで〆
posted by kash at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

第34節 福岡戦 1-2 その1

一晩過ぎて落ち着いたところで、
改めて昨日の福岡戦を振り返りましょう。

昨日は逃げるように4時に退社して、
競技場についてのが7時でした。

片路3時間はさすがに遠いと思うものの、
さらに遠い人もいるでしょう。

競技場について見ると天皇杯のチケットが売られていました。
いつも当日券ですが前売りの方が安いという言葉に即購入。

本日はスリーエフの応援弁当ですよーとのことなのでこれも購入。
後になってペッパーソーセージもあったとのことでがっくり。

お酒が飲めない私はいつも通りコーラと枝豆を購入してスタンドへ。
枝豆は自然解凍らしく大抵凍っているのが残念なところ。

実はバリと良和のサイン会もあったらしいのだが、
私が着いた時にはとっくに終了。
バリのサインが欲しかった(涙)

スタンドに座って7ゲの方に目をやると、
「Yasu must return」の弾幕が。
改めて複雑な心境になる、言葉なし。

観客人数は3500人と思ったより多め。
スーツ姿の人と、何故か子連れの人が目立ちました。


時間がないのでここで一度〆
posted by kash at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。