2006年07月22日

我々を見て低迷というのか?

多くのメディアや批評家により、
今回のワールドカップでの失敗により、
日本の選手は世界の中で劣っていて、
日本のサッカーは4年間低迷して、
今後さらに低迷するのではないか、
という意見がなされた。

しかし果たしてそうであろうか。
個人の身体能力・技術・精神力が劣っていたというが、
11人でやる団体スポーツにおいて個人をどうやって評価するというのだ。
全ては周囲との関係により良くも悪くも見えるようになる。

代表の強さはその国のサッカーレベルとは一致しない。
何故なら監督の力量により代表の強さは変化するもので、
強さも弱さも一時的なものでしかない。

日本という国のサッカーを評価するのならば、
Jリーグのクラブチームの強さをもってしかないはずだ。

Jリーグの試合を見ることなく、
あのような寄せ集めのチームを見て、
我々を低迷しているなどというな!
失礼極まりない!!

どのクラブチームも強くなること目指して、
フロント・チーム・サポーターが一丸となって進んでいる。
それは間違いなく進歩だ。

この4年間も進歩してきたし、
これからの4年間も進歩し続ける。
それは代表監督がジーコでもオシムでも変らない。

どんなに代表の活躍が、話題性が、
日本サッカーの発展にとって重要であるとしても、

日本サッカーの最前線で戦っているJのクラブを、
侮辱したり、蔑ろにしたりしていいってことにはならないんだよ!

あー、腹立つ!
posted by kash at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。