2006年07月31日

石原直樹 2得点

今回の札幌戦でも3点目と4点目を、
またしてもヘッドで決めての2得点。

決勝点ではないものの札幌の心を折る得点。
勝利を決定付けた得点とも言えます。

ゴール前でマーク相手より前にすっと出て、
きっちりゴールを決める姿が印象的です。

あれはスピードなんでしょうか?
それとも駆け引きで外してるのでしょうか?
何にしても特徴的です。

今季最初の方で石原は勝負の年になると書きましたが、
それどころの話ではなかったですね。
FWとして結果を出しています。

ただものすごい活躍をした!という印象がないのですよね。
いや、もちろん得点以外にも攻撃の組み立てだとか、
守備の頑張りだとかでチームに貢献しているのは見ています。
ただ、ウメとかだと、おお!活躍したーと思うのですが。

で、なんでだろうと思うと、
得点に対してシュート数が非常に少ないのです。
10試合:シュート数18:7得点

フッキとかを見てみると全然違って、
28試合:シュート数110本:13得点

ああー、おしかった!
そんなシュートを外す場面が彼の場合にはあまりない。
打てば大抵決まっている。
これはすごい。

今回の札幌戦も2得点の他に打ったシュートは、
ゴール前でのヘディングで打ち損ねた(?)場面の3本だけ。

1試合で2本以下というシュート数ですが、
2得点を上げている試合があるので、
シュート数が少ないというのも悪い点ではない。

このままシーズン終了まで活躍すると、
どんな感じになるのかちょっと楽しみですね。
決定率は高いままなのだろうか。
posted by kash at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。