2006年08月15日

納得のいく選手交代

上田前監督の時には選手交代がかなり固定化されていて、
何故その選手を交代したのか理解できない部分も多々ありました。
試合の流れが変化するということもありませんでした。

菅野監督に交代した時はチーム再構築について注視していて、
選手交代についてまで考えている余裕はなかったのですが、
東京V戦での選手交代は非常に納得のいくものでした。

今の湘南の選手交代で問題となるのはアジエルです。
アジエルはボールを扱う技術が素晴らしい選手に珍しく、
味方を活かして攻撃を組み立てることができ、
チームとしての守備に対する意識もあります。

しかし疲れの出てくる後半になると、
どうしても守備の意識が低くなり、
前線から戻ってこなくなることや、
他の守備位置に戻ってしまうことがあります。

その結果として湘南の左サイドの守備はルーズになり、
相手に攻め込まれる原因となります。

東京V戦でも見られましたが、
後半に入ると菅野監督がアジエルに守備をするようにと、
ライン際まで出て盛んに指示します。

単純にアジエルを交代させてしまうことは問題です。
攻撃の要が交代するとチームが守備的になり追加点が望めないだけでなく、
全体として受身の精神状態になり相手が勢いにのります。

さらに前線でボールをキープする選手がいなくなると、
相手の攻撃を凌いで落ち着くことができなくなります。

そこで菅野監督は満足するほどは機能していないFWのフラビオを交代し、
アジエルを左MFからFWにポジションチェンジさせ、
フレッシュである程度守備を計算できる坂本を左MFに投入しました。

これは守備の建て直しが出来ること共に、
攻撃についても効果があります。

後半になるとお互いに間延びしてくることから、
カウンターの応酬になることも多く、
前半と異なりFWにボールを入れやすくなります。

FWにアジエルがポジションチェンジをすることで、
相手に近い場所でボールを受けることができ、
カウンターで得点のチャンスが高まるというわけです。

実際、終盤にも多くの得点機を生み出し、
駄目押しとなる3点目も決まりました。

選手交代で試合の流れが変わるのではないか、
そういう楽しみがありそうです。
posted by kash at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。