2006年11月25日

ちょっと思い出す

わずか3年しか見てないけども、
その中で見ていて面白いなーと思った時期は2回ほど。

ひとつは望月氏が監督を代行していた時期。
普通に見るとカウンターサッカーだったのかな?
全体的にペナルティエリアまで守備ラインを下げて相手を迎え撃つ。
ボールを奪ったら相手ゴールに向かってどーっと走る。

とれる選択肢が多くなかっただけに、
シンプルな戦術を選んだのでしょう。

この頃は見ていてとても楽しかった記憶があります。
完全に決定的なチャンス!というのが多くて、
グンチョルのFKは味方に合うのでワクワクした。
決定力不足というのをチャンスの質と数で補っていた。


もうひとつは去年の開幕からGWまで。
守備ラインをずーっとあげて相手に前からプレッシャーをかける。
取ったボールは素早くミチに展開して強引に相手ゴールに攻めるもの。

ゴールから遠くで守備をするのでそれだけ危険が少なくて、
相手ゴールの近くでボールを取れるので攻めやすい。
徳島戦でのミチのゴールは本当に記憶に残るゴールだった。

残念ながらGW頃にはこのサッカーは見れなくなった。
なかなか体力のいる作戦だったこともあるし、
攻撃が単調で読まれやすくて守勢に回ることが多く、
DFから前にボールを運べなかった。


この2つの時期はともに守備が攻撃を考えた守備になってるですよ。
こういう守り方をしたらボールを取った時にチャンスになる。
そう考えて守備が作られてるです。

点を取られないために守備をするのではなく、
点を取るために守備をするという考え方。
すなわち攻防一体というやつです。
考え方が積極的でいいじゃないですかー。
posted by kash at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。