2005年12月06日

誰が「パス」をつなぐのか

三ツ沢での今季最終戦。
シーズンクラブパーティー。
そして契約非更新選手の発表。

色々と考えさせられる事が起きました。
その中でずっと頭を離れない言葉がありました。

"誰が「パス」をつなぐのか"
(Who will keep the ball?)

そう川端さんWSGでの連載のタイトルです。
我ながら教育されているというか、
洗脳されているというか(笑)
ただ今回は少し違う意味で使います。

この言葉の本来の意味は恐らく、
日本サッカーにおいて誰がパスを未来につなぐんだい?
協会?キャプテン?Jリーグ?クラブ?
いやいやいやいや、当事者である我々サポーターだろ!
だからこそ、今こそ、日本サッカーについて考え、
そして共に語ろう!
という川端さんのメッセージだと解釈しています。

しかし今回私が使う意味はもっと直接的です。
チームを支えてきた人間が去って行く今。
誰が湘南ベルマーレを受け継いでいくのか。
選手?クラブ?それともサポーター?

組織というのは多くの人間により作られる。
そして毎年多くの人間が入れ替わる。
その中で湘南ベルマーレという、
目に見えないものをつなげていかないといけない。

鍵となるのはシステムと精神だ。
精神は人間と言えるかもしれない。
湘南ベルマーレを形にしたシステムと、
システムを補完する湘南ベルマーレの精神である。

今回の件ではシステムの未熟さを露呈した。
チームとサポーターをクラブはどう結びつけるのか。
そのシステム自体がまだまだ不十分である。
チームの声がサポーターに届いていない。
クラブと我々の今後の課題である。

更に深刻なのが精神だ。
精神は人間によって受け継がれる。
その為には"湘南ベルマーレという人間"を育てることだ。
どうやって育てるのか?
それは"湘南ベルマーレという人間"が育てるのだ。

いま、湘南ベルマーレを体現した選手がチームを去って行く。
残った選手に、クラブにそしてサポーターに、
湘南ベルマーレは受け継がれたのだろうか。

もしサポーターが受け継いだのならば、
相手が選手やクラブであったとしても、
我々が彼らを"湘南ベルマーレという人間"に育てなければならない。

今度は我々がパスをつなぐ番だ。
posted by kash at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10302564

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。