2005年12月08日

徒然

続投について色々と話題になっている上田監督ですが、
冷静に考えると実際にはどうなんでしょうかね。

去年と今年の違いは以下の2点
・去年は監督が3人
・上位2チームが抜けてJFLから2チーム加入

成績の変化は以下の3点
・勝ち点+18(+6勝)
・得点+7
・失点-5

昨年の上位2チーム(川崎・大宮)と、
新規参入2チーム入れ替わりの効果
・勝ち点+6(1勝7敗から2勝3分3敗)
・得点+4(4から8)
・失点-5(15から10)


1シーズン一人の監督がチームを率いて増えた効果は、
勝ち点+12ということになります。

得点と失点についてはチーム入れ替わりの恩恵によるもので、
改善されてはいません。

更に言えば新規参入の2チームに対して負け越しています。
これはとても勿体無い。

こうやって数字で見て検討すると、
あまりチームが改善されていないことに。
試合で見た印象が正しいことが判ります。

しかも今年はシーズン中も活発に補強しました。
それを考えると印象は少し悪くなるでしょうか。

大丈夫かなぁ
posted by kash at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。