2006年03月07日

「負けずじゃけん」

少し前に購入して熟成させていた本で、
開幕戦後の日曜日に家で読みました。

引退された元日本代表の田坂氏の半生を、
田坂氏と川端氏が振り返るというお話。

田坂氏が等身大やや高めに描かれている(気がする)ので、
すんなりと現実感を持って読むことができました。

田坂氏の半生に入り込んでいた自分が、
”さて田坂和昭を巡るドキュメンタリーも
 いよいよタイムアップが近づいてきた。”
の一文でふっと現実に戻された時に、
もう終わってしまうのかと寂しさを感じました。

田坂氏のこの先がとても気になる。
続きがぜひ読みたい。
そう思いました。
posted by kash at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。