2006年04月17日

育成はしているのか?

・今年の開幕スタメンを見ると去年いた選手はたったの3人。
 うち2人は去年来たばかりで最後の1人は3年目。
 実質うちで育てた選手はゼロ。

・今のチームで4年以上いるのは坂本と戸田の二人。
 坂本は半スタメンで戸田は半サブという感じ。
 トップチームで成長してチームで活躍している選手は、
 ほとんどいないということ。

・チームにいないということは、
 他のチームに売りに出して儲けているのだろうか?
 ここ2年でそのようなケースは見られないが。

・勝てないということも重要な問題であるけども、
 選手を育成できないというのはかなり深刻な問題。

・育成が目に見える形として出てこないこととして、
 簡単に3つのことが考えられるが。。。
 チームはどのような対策をしているのか。

 1.そもそも育成が出来ていない
 2.育てた選手をきちんと起用していない
 3.才能を発見する目を持っていない
 
・現在チームの24歳以下の選手は以下の感じだけど、
 3年後にどれぐらいの選手がスタメンを獲得しているか。
 それでチームの育成が改善されているかが判る。

 濱崎、田村、松本、尾亦、富山、中町、鶴見、吉井
 永里、森谷、石原、ファビオ

・若手の育成というのはそもそも誰の役目なのだろうか?
 第3コーチである高田哲也コーチかな?

・すぐには結果がでないことだけに改善していくのは難しいけど、
 我々もきにとどめてクラブに聞いていかないといけない。
posted by kash at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16691593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。