2006年04月30日

横浜FC戦 0-2 コバがハンド

情けない試合、退屈な試合、腹の立つ試合
そんな試合が今季は多かったわけだけども、
昨日の試合は久し振りに悔しい試合。
(もちろん情けなさと腹立たしさはあるんだけど)

2週間ぶりに見たチームは以前に比べて良くなっていました。
今季から採用している3ボランチのシステムにより、
チーム全体の攻守両面のバランスがかなり向上していました。

ニヴァへの負担と依存が高いので、
連戦や夏場などニヴァのケアをどのようにしていくか。
フィジカルコーチの手腕が問われることになるでしょう。

試合中に何度も感じたのはウメさんの必要性。
あと一歩でゴールに届かない状況が続き、
状況を変える選手交代が求められていました。
しかし昨日のサブにはその選手がいない。

昨日の試合でベンチ入りしていないことを考えると、
怪我が再発した可能性が一番高いのでしょうか。
まだまだ我慢。

コバについてはもちろん次節からベンチ外でしょう。
ただ、復帰のチャンスも与えられるべき。
(トモや植村が結果を出せない時に・・・)

書いてることが散漫になりましたが、
チームとして上向きかな?と思いましたので、
神戸戦でそれを再確認したい。
posted by kash at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。