2006年05月08日

仙台戦 2-2 良さと課題

仙台戦で再確認したのは以下の3つ。

今年のチームは気持ちが強いと思う。
それが試合で粘り強さを感じさせるし、
試合結果としても現れている。
(まだ勝利という形では現れていないが・・・)

また自分達の武器を使えていると思う。
セットプレイの得点と横山の得点。
今はこの2つでコツコツ得点を積み重ねるしかない。

一方で攻撃の形を作れないという課題が深刻だと思う。
速攻であれ遅攻であれボールを繋いでいけない。
勝負できるポイントまで攻め上がれない。


それにしても仙台の菅井という選手はすごかった。
タイミングとスペースの両方が最適な状況で、
見事なオーバーラップには感動しました。
得点したときのシュートもソフトだったし。

ロペスという選手のポストプレイ。
ボールをキープする力もすごかった。
仙台の攻撃が機能するのも納得。


全然関係ないですが、
最近ユースケがキャプテンになって変ったと思いました。
独善的になりがちなサッカー・勝利に対する執念が、
チーム全体を考えた方向になっているような。
ま、あくまで観客から見た感じですが。
posted by kash at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。