2006年06月24日

次の4年こそは。

第3戦のブラジル戦もようやく終わりました。
勝利という結果もそして内容も得ることはできませんでした。
得られたのは失敗による悔しさだけ。

出た選手達を責める事はできません。
よくジーコのもとで闘いました。
モチベーションを保つことも大変だったと思います。

脂の乗り切った時期だった選手には、
まさに不運としか言いようがありません。
黄金世代とも呼ばれていただけに・・・・

これで通算3回ワールドカップに出場しましたが、
今回もまた不満の残る戦いとなりました。
代表監督の選手は本当に困難ですね。

気持ちは次の4年に向かっていますが、
この失った4年間の代償はかなり大きいと覚悟しています。
経験の積み重ねを一から始めるに近い状況でしょう。

それを理解して辛抱強く見守らないといけないでしょう。
って、湘南ベルマーレでも同じような状況のような・・・・
サポーターって本当に我慢強さが要求されるなぁ。
posted by kash at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19755785

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。