2006年07月13日

論理性

J's GOALで試合終了後の監督や選手のコメントを載せていますが、
湘南に勝った相手はいつも論理的で多弁です。

今回の水戸も自分達がどのように考えて対策を立て、
最終的に勝利をもぎとったかということを、
監督も選手も本当に詳しく話しています。

例えば前田監督のコメントだと、

「湘南は4−4−2から3−5−2に変えて来るだろうと思い、
トップ下のアジエルに平松をつかせて仕事させないようにした。
先制されたので、ここでシステムを変えないとさらに失点すると思い、
西野を入れて2トップにすることで、
DFとボランチで見ていた湘南の前の3人を、
DFの4人だけでつかまえようということにした。
それでワイドを高い位置にすることができたと思う。」

実に論理的だし分かり易いですよね。
もちろん劇的勝利直後だから口が滑らかになっているでしょうけど。
でもこれだけ説明してくれれば結果はどうあれ納得いきますよね。

監督の教えが行き届いているのか選手のコメントも、

「前半はロングフィードを意図して蹴った。
湘南は3バックでサイドにスペースがあったし、
相手のDFラインを下げる狙いがあった。」

自分達がどのように戦おうとしたかということを、
具体的な言葉にすることができています。

一方で菅野監督のコメント

「非常に残念ですし、悔しい思いです。それはサポーターも選手も同じ。
ただ、こういうゲームを謙虚に受け止めて次につなげていきた。
これが今のウチの力なんだと選手たちには伝えました。
次の試合に向けて、新たな気持ちを持って臨みたいと思います」

同様に上田前監督の徳島戦のコメントを見ると、

「攻守のバランスが良いなかで勝てたということが一番だと思います。
5点取ったことよりも、無失点で抑えたということを、
次に繋げていきたいと思います。
失点を少なくするために、次のゲームを締めてかかりたいと思います。」

試合のことがイメージできないと思います。
どう戦うつもりだったのか、試合中どう対処しようとしたのか、
残念ながらわかりませんよね

湘南に欠けているのは正にこの論理性・具体性ではないでしょうか。


でも水戸が見せてくれた論理性とは裏腹に、
最後に勝敗をわけたのは『精神面』なのだから、
やはりサッカーとは面白いものだなぁ。
posted by kash at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20748331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。