2006年07月23日

第29節 横浜FC戦

勝負は下駄を履くまでわからないとは言うものの、
自分の応援しているチームが目の前で見せてくれると、
また格別なものがある。

恐らく相手は120%勝利を確信していたのではないか?
その中で最後の最後であの得点を決めるのだから愉快痛快。
今年のチームは精神的に強いと言われているが、
こういうゲームがそれを象徴しているのだろう。

ところでこの試合を通して改めて認識をしたことがある。
それは我々は下位に低迷するチームで、
相手は昇格圏内にいる上位のチームだということだ。

今更と笑われてしまうかもしれないが、
同じように感じた人も多いと思う。
そしてこれは非常に重要な認識だ。

「J2は実力差がなくて厳しいリーグだ。
下位のチームに対しても簡単に勝てるわけではない。」
上田前監督がJ2の印象をそう答えていた。

しかし現実はさらに厳しくなっている。
上位と下位の間には厳然と実力差が存在し、
我々はその下位にあたるのだ。

しかし簡単にカウンター重視の引き篭もりサッカーをしてはいけない。
それでは僅かながら勝ち点を拾う代わりに時間を浪費してしまう。

今日のように相手に支配される展開が多い中で、
辛抱強くゲームを作り自分達のペースに持ち込み、
勝ち点を手繰り寄せていくのだ。
それは勝ち点だけでなくチーム力の向上をもたらすはずだ。

今日の試合は勝ち点が得られたから価値があるのではない。
その戦い方ができたからこそ価値があるのだ。
ぜひ今後もこの戦い方を続けて欲しい。
posted by kash at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21233427

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第29節 対湘南ベルマーレ@三ツ沢
Excerpt: 横浜FCは、ホーム三ツ沢で、神奈川ダービー湘南戦を戦い、前半苦しい展開ながらもアレモンのビューティフルゴールで先制しますが、試合終了間際一瞬のエアポケットから湘南に同点ゴールを許し引き分けに終わりま..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2006-07-23 12:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。