2006年07月30日

第31節 札幌戦 5-1 "Tsunagu"意識

試合の開始早々に幸運にも得られた先制点。
湘南にとっては計り知れない重要性を持ちます。
ただそれを勝利に繋げることが困難であるのも確か。

"Tsunagu"意識
それがこの試合で幸運を勝利に繋げたもの。

守備の頑張りにより得られたマイボールを、
ロングボールで簡単に蹴り出すのではなく、
DFからFWまで丹念にボールを繋いでいく。

それが札幌の攻撃のリズムを断ち切り、
湘南のリズムを作り出しました。

そしてそれは守備にも反映されます。
プレスをFWからDFまで繋いでいき、
外へ外へと押し出していく。
前線からのプレスがどれだけDFを助けることか。

自分で完結するのではなく、
丁寧にお互いのプレイを繋げていくこと。
"Tsunagu"意識の大切さを実感できる試合でした。

それを見せてくれた選手達なら、
まだ今季も戦っていけるのではないか。
何しろ残りは半分もあるのだから。
posted by kash at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21632833

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。