2006年10月02日

第43節 水戸戦 1-0

相変わらずこの日も5分遅刻。
うーん遅刻が慢性化している。
いかんいかん。
まるで会社のようだ(爆)

スタジアムに入ってまず思ったのが、
か、観客が少ない・・・
うちも少ないけど水戸も少ない。
順位的にしょうがないのかなぁ。
が、だからこそ残ってる観客は貴重ですよ?フロントさん

試合自体は湘南が堅実に1-0で勝利。
6試合ぶり、一月ぶりの勝利です。

試合の中で印象に残ったのはやはり得点のシーンです。
何故か右サイドにいた佐藤にボールがわたり、
佐藤がそのままゴールラインまで深く切れ込んで、
マイナスのグラウンドのパスを中央に折り返し、
永里がニアに飛び込んで合わせてのゴール。

流れの中で取れた綺麗なゴールであることはもちろんのこと。
久しぶりに見た典型的なサイド攻撃でした。
普段からサイド攻撃が苦手な湘南としては実に見事な形。

ニアであわせた永里のシュートは確かに見事でしたが、
そもそも相手からすれば右サイドにいる佐藤は、
何故おまえがそこにいる!!??状態だったでしょう。
この試合で佐藤は何度か右サイドにいたので、
狙っていたのではないかと思います。

恐らくこの日の水戸は湘南の右サイドを狙っていた気がします。
相手はそれだけ攻撃的に前に出てきます。
佐藤はその裏をつくことを考えていたのではないでしょうか。

得点はそんな佐藤の狙いと、
永里の素晴らしい飛び込みにより得られたものだと思います。


話は変って鶴見。
この日はサブのメンバーに入ったものの出番はなし。
大崩れする選手もいなかったのでしょうがないかな。

ただ試合後の練習を見ているとやっぱり良い選手だなと。
まず体型が良いですよね。
背は大きくないけど上半身がしっかりしている。
体を動かしてる様子もリズム感があるし。
ボールのタッチもソフト。

あの練習を見れただけでも来た価値があると思いました。
そろそろ試合に出してみませんか?菅野さん。
posted by kash at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24795236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。