2006年10月07日

日本対ガーナ戦 0-1

水曜日は早く帰れたこともあり久しぶりに日本代表の試合を見ました。
試合全部をまるまる見れたのはワールドカップ以来。
つまりオシムジャパンを初観戦となるわけです。

試合を見て驚いたのはガーナの選手の個人能力の高さ。
体が大きくて本当に懐が深い。
フィジカル的にも抜群に強い。

あと本当に良く勝負を仕掛けるし、
一度勝負をしかけたら実にしぶとい。
なんとか前に突破しようとする。

世界レベルの個の強さというのは本当にすごいなぁ。
日本はまだまだ追いついていない。

しかし果たしてどうやって追いつくのだろうか。
Jリーグでは世界レベルの選手と戦う機会はまずないし。
でも何度も戦って負けないと慣れないし追いつけないよな。

そう考えると日本代表は実に重要な経験の場。
国内の選手が海外の選手と対戦する経験を得ることができ、
世界レベルの個の強さを身に着けるチャンスだ。

その身に着けた個の強さをJリーグで発揮すれば、
国内の力も自然にあがっていくはずだし。

代表は日本サッカー協会の資金集めの部分が強いと思っていたけど。
やはりサッカーの面でも色々と貢献しているんだなぁ。

代表は結果重視だと考えていたけれども、
世界との格差を考えると代表による育成は非常に重要なんだな。
多くの選手に世界のサッカーを経験し成長しないといけない。

これは日本代表がクラブチームのようになるということじゃないか?
良い選手を発掘して、経験を積ませて、一人前に育てる。
世界に追いつくには今まで以上に選手の育成が必要だ。
オシム監督もそう考えてるんじゃないかな。

クラブチームのような日本代表
それがこれからの4年間のキーワードかも。
posted by kash at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25015123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。