2006年10月09日

天皇杯3回戦 対関西大 4-1

いやはや今日も実に良い天気でした。
平塚駅周辺では囲碁祭りが行われていました。
1000面打ちで打つ人と観客でごったがえしていました。
今まで見た祭りの中では一番の盛り上がり。
改めて熟年パワーの凄さを感じました。

試合が見れたのはまたしても後半から。
最近遅刻が・・・・・
どうも未だに距離感が掴めなくて(なんのだ

天皇杯は売店がやってないというイメージがあったので、
駅前のマックで食料を調達して行きましたが、
どうも売店はやっていたようでした。
でもいつもと店員さんが違ったような?

座ったのはメインのアウェー側です。
人が少なくて本当にまったり見れました。

あと湘南のメンバー外の選手も数人いました。
鶴見もその中にいたのですが、
なんか若干足を引きずっていなかったかと、
気のせいなら良いのですがちょっと心配です。


さて試合のほうですけども、
どうにも緊張感が足りないのと執念がたりないのとで、
なんともまったりした展開になりました。


CB間のスペースを割られてチャンスを作られたり

相手のポストプレイに対応する人がいなかったり

プレスが緩いところをかわされて逆に数的不利になったり

モチベーションが上がらないのか走れなかったり

体をうまく入れ替えられて縦パスをインターセプトされたり

何故か相手に見事なパスを出してしまったり


天気が良いおかげでのほほんと見れました。
空がとっても青かったですから。
気がついたら後半は無失点ですから。


帰りの平塚駅では囲碁祭りはまだまだ熱気に溢れていました。
posted by kash at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25112352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。