2005年10月28日

ピッチの上で表現する

最近ふと思ったのがサッカーはフィギュアスケートみたいだなーと。
単にスケートリンクの上で技術を披露するだけではなくて、
その上で何かを表現する。

フィギュアスケートは審査員に評価されて勝利を得るのに対して、
サッカーは相手を倒してゴールを奪い勝利をもぎとります。
フィギュアスケートと言うと芸術という感じがしますね。

共通するのはピッチ(スケートリンク)で表現するということ。
観客が見て判るぐらい自分(達)を表現すること。

それがフィギュアスケートでは「芸術」につながり、
サッカーでは「強さ」や「勝利」につながる。

いま、ピッチ上では何が表現されているのだろうか。
チームは何を表現したいのだろうか。

サポーターが見て判るぐらいに、
ピッチの上で表現してほしい。
posted by kash at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。