2005年11月27日

続々・11月26日のクラブカンファレンス

ようやく会社の寮に帰宅。
頑張って続きを書くことにしましょうか。

・湘南ベルマーレが目指すチーム・選手の特徴とはなんぞや?

質問した方の希望としては、
サイドに強いチームになって欲しい。
そしてサイドで勝負して勝てる選手が育って欲しいとのこと。

チームとしては同様にサイドに強いチームを目指しているらしい。
監督や選手への契約にもそれに近い条項が入っているのだとか。

社長個人としては攻撃的なチームが好きで、
イタリア的というよりもスペイン的だそう。

ただ、チームの特徴や伝統というのは、
こうだ!という感じで作っていくのではなくて、
年月と共にサポーターとクラブで自然に作られるというのが、
社長の考えらしい。


・FWの話は出たけど守備の強化は?大量失点しまくりだよ?

バランスが大事ではあるけど、やはり得点が重要。
つまり具体的には考えていない雰囲気であった。


・強化については強化部主導?監督主導?

上田監督は色々と経験が豊富であるので、
監督主導で強化を進めていくことになっている。
ただ、強化部主導の所が成功していることが多いらしい。


・今年は非常に反則多く、特に異議によるイエローカードが多いが?

精神的な強さも関係している。
戦うサッカーというのを誤解している選手もいる?

あと審判が湘南が反則が多いというイメージをもっているせいで、
余計に取られているという気もする。

バリのように言葉が違うせいで勝手に異議にとられていることも、
原因としてはあげられる。

ここで会場から、
守備に戦術がないから反則で止めなければいけない場面が出て、
それで精神的に苛立って異議のイエローカードが増えるのでは?
と、厳しい突込みが(笑)

戦術がないってことはないと思いますよと、
若干トーンダウンした社長のお答え。


・コンバートが多いが選手達はどのように感じているのか?

基本的に選手達はプロだから取り組んでいるが、
やりたくない選手は練習などで集中力が続かない。
そして上田監督は、

集中してコツコツできない選手は見切る


・現在は7億円規模で予算を回しているが大丈夫なのか?

確かに安定経営するならば4億円規模で回すのが良い。
しかしそれではJ1昇格の可能性がとても小さくなっている。

J1昇格は湘南ベルマーレの宿命である。
資本を増やして10億円規模にして、
J1昇格への可能性をより高くしたい。


以上が今回のクラブカンファレンスの大体の内容です。
最初は1時間の予定だったが予想外に盛り上がり、
時間ぎりぎりまで延長して議論した。
できれば次回はもっと議論の時間をクラブには用意して欲しい。
posted by kash at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kashさん、報告オツカレッス&はじめましてです!

僕もカンファ行きましたが、結構ぶっちゃけた内容で面白かったです。ただサポとクラブの対話の論点というか空気感?は何かずれてたような気がしました。あの大文字で書かれたおじい様の内容と大体同じ事ですが;

社長としてあそこまで話す義務もない中、時間を割いてくれたのだし、そこは嬉しいことですよね。内容はまだまだ不満がありますがー!

いま思っているのは、サポはサポとしての立場があるんじゃないかということ。市民クラブというスタイルからか、自分たちがクラブを支えていくんだという、いちサポの粋を超えた思いの方がたくさんおられるということ。経営の理由で抑えられるのもなぁ?という感じです。
といってもクラブが経営で苦しければそれを助けることもサポのひとつの役割であったりして…

むーハナシは尽きないですなぁ(笑
Posted by mmc at 2005年11月28日 17:32
mmcさん
はじめまして、こんばんは

クラブカンファレンスの参加、お疲れ様です。
そこまで話していいの?と思ってしまいますよね

今回は今までで一番活発な議論が出来ました。
図らずもあのおじい様のおかげかな(笑

空気感の違いは確かに感じましたね。
選手の力を活かしてチームを強くして欲しい、
そうサポーターは考えて発言していたけども、
社長は強い選手を連れて来る為に、
お金が必要だという話をしていた気がします。

でもクラブのことを知る貴重な機会ですよね。
次回が早くも楽しみです。
Posted by kash at 2005年11月28日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9876406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。