2008年08月10日

久し振りの観戦で満足

たまたま湘南のサイトを読んでいるうちに、
そうだ久し振りに試合を見に行こうと思い立ちました。

試合は19時開始なので昼間は遊ぼうと思い、
昼間は小田急線に乗って新宿まで出ましたが、
落雷か何かで電車が遅延気味。
珍しく鈍行に乗ってゆっくりと新宿へ。

移動中は恒例の読書。
今日は新刊を購入。
有川浩の別冊図書館戦争2
最近、恋話から涙物へ変わってきた気がする。

新宿では最近覚えたダーツの練習。
ダーツを遊びすぎて背中の筋を痛めるとはw
これも三十路ゆえの現象でしょうか。。。

しかし練習の甲斐もあって、
BULL(的のど真ん中)が200回超えました。
1000回やると何かあるらしいので頑張ります。

2時間ほどやって17時から湘南新宿ラインで平塚へ。
湘南新宿ラインは今回初めてだったけどかなり快適。
千葉の佐倉から横須賀線だと大船か横浜で乗りかえなので不便。

1年ぶりに平塚の街についたけども変わってないなぁw
西口にはあまり良い思いでがないので、
東口から降りて食料をFirst Kitchenで調達。
ダブルベーコンエッグバーガーが420円也。
マックを考えるとちょっと高い。

競技場までの道のりはいつもと違い、
神社あたりから郵便局へ行くコース。
人通りも少なくて快適。
ただ周囲にサポーターの姿がなくて少し心配になる。

郵便局の前にくると逆流する人の流れに遭遇。
時間を間違えたか?と一瞬思うも、
どうやら市民会館から出てきた流れらしい。
何かイベントでもあったかな?

いつもだと臨時駐車場になるところが、
普通の公園状態になっていました。
今日は人が少ないのか。
お盆の夏休みだと観客は多いイメージがあるんだけど。
ネットの売れ行きもあまりよくなさそうでした。
クラブの経営が心配だ。

公園につくと、
スタジアムの外に多くの屋台が。
おお、噂の佐世保バーガーがある。
駅前で買って失敗した。
次はイベントを調べてこよう。

チケットを自由で購入して2500円也。
売店でコーラを購入して、
いつも通りメインのアウェイ側に陣取ります。
うんハンバーガーは結構おいしかったです。
420円でも十分おけ。

懐かしい音楽とともに試合開始。
何故か周囲にちびっ子集団と、
センターサークルボーイ達が集まって、
臭いし五月蝿いしで最悪の環境に。
ゴミを捨てたり、靴を脱いだり・・・

あからさまに逃げるのも悪いと思い、
ハーフタイムまでじっと我慢。

しかしそんな我慢に神様が微笑んだのか、
いきなり石原が2得点!
うーん、すばらしい。

というか、石原が去年と比べて格段に成長してますね。
今ならエースと言う言葉もぴったり。

DFの隙間や裏を取る動きが見事で、
彼の一年間の努力が感じ取れました。

ちなみに帰り道でどこかのチームの関係者が、
携帯電話で話していましたが、
「スピードもテクニックもこのLvだと別格です」
とべたぼめしていました。

後半は落ち着いて見れましたが、
相手の時間が結構長くて心配でした。
でも守りきりましたねぇ。

しかしカレカの名前にはびっくり。
おお?みたいなw
でかくて全然別人でした。
でもロングボールを放り込むには最適ですね。

3点目はカレカ本人もオフサイドか?と思ったようで、
フリーなのにきょどってましたw
でも落ち着いて決めたのでよさげです。

試合終了直前にベルマーレオーオーを調子良く歌っていたら、
相手に得点されそうになってちょっとガクっときました。
あぶねーあぶねー、せふせふ

帰りは早めにスタジアムを出て伊勢原行きのバスに。
小田急線で帰れるのが非常に便利でした。

しかし久し振りに試合を見ましたけども、
元気に勝負をしかける選手が多くいたのが印象的でした。
見ていても非常に楽しい。

順位も3位ぐらいなので、
今年はかなり昇格戦線に絡んでくる予感がします。
シーズン中にもう1度ぐらいは観戦にいけたらいいなぁ。
posted by kash at 01:39| Comment(45) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

佐藤悠介

残留なのか移籍なのか。
かなり気になっていました。

徐々にボランチとして成長してきただけに、
ここでの移籍は非常に惜しいと思います。
来季は更に攻撃的な活躍が期待できると思っていました。

ユースケの最も印象に残ったプレイは、
カウンターで攻め上がる時のドリブルでした。
迫力があり何かが起こると期待しました。

移籍するのはとても残念ですが、
慣れないボランチでチームの核として頑張ってくれた2年間、
本当にお疲れ様でした。

さて、来季はチームが様変わりしそう。
posted by kash at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

2006年の感想(1)

今年は移籍情報が随分と速い。
おかげで今シーズンを振り返る間もない。
もう来季への期待でワクワクしている。

とは言え惨敗を直視しなかったどこかの代表のように、
全てを忘れて次に向かうわけにはいかない。
来季は今季の失敗を活かさなければ。


今年一年間戦う中で痛感したことは、
使い古された言葉ではあるけれど、
”勝利の方程式”の重要性だ。

勝利の方程式というからには、
なによりもまず点を取るパターンを作らないと。
野球の配球のように中央からの攻撃で相手の意識をそらせて、
サイドからのクロスで得点をあげるだとか、
相手が疲れている後半にカウンター重視の戦法に切り替えて、
判っていても対処できないような勝負にするとか、
それなりの工夫をしてほしい。
自動人形のように単調にサイドからクロスをあげるような、
同じ攻撃を繰り返しても点にはならない。

もうひとつはペース配分を考えることだ。
いつも試合開始から飛ばして後半はもうぐだぐだという試合内容。
そりゃ後半にバサバサ逆転されるでしょう。
得点をとったらうまく逃げ切れるようにしないと。

体力をつけるために厳しい訓練はもちろん必要だろうけど、
今ある体力で勝てるようにペース配分を考えて欲しい。

そもそも相手も元気な前半最初に勝負かけることはないだろう。
せめて前半終了間際であるとか相手の辛い時間を選ぶべきだ。
ボールをポゼッションして体力を温存しつつ、
勝負をかけるタイミングを狙わないと。


いつもいつもいつもいつも、
まったく同じ負け方を見てきて、
勝つための頭を使った工夫というのが今年1年で全然見れなかった。

”うちのチームは一体どうやって勝つ気なんだ?”
という単純な疑問に悩まされた。
posted by kash at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

第52節 柏戦 0-3

とりあえず今日の出だしはまあよかった。
カンファレンスに出て強化部長の話を聞いたので、
来年は今のメンバーよりさらによくなると思えた。

競技場に入った時はさらに好調だった。
バックスタンドは客の入りもよく、
皆で一生懸命に青い布やタオルを振り回したし、
ゲーフラ祭りで最高に盛り上がっていた。

試合の入りもよかった。
全員が前から仕掛けていたし、
なんでもいいからゴールを奪うという気持ちが、
プレイの随所に見えていた。

スタンドもすごい盛り上がっていたし、
何度も歓声を上げて拍手をしていたのを覚えている。

ところが前半20分過ぎから怪しくなり、
前半30分には失点してしまう。
この頃から攻撃が左サイドに偏る。

後半になる更に嫌な感じがした。
そう選手交代がなかった。
打つ手なし・・・・

状況は刻一刻と悪くなる。
次第に前にボールを運ぶことすらできない。

それでもバックスタンドは野次に包まれることはない。
飛び跳ね応援組みもまだまだ頑張っている。

FKから追加点を決められてしまう。
この後でようやく選手交代。
戸田と佐藤・・・既にお別れ会モードか?

それでもまだまだ飛び跳ねて応援している。
味方から見ても頼もしい。

ここで決定的な3点目が決まる。
もう選手達は諦めムードか迷走状態か。

その状態で闘ったのがアジエルと望
世の中は実に正しいと思う。
勝利に最も貪欲な二人がチームで一番サッカーがうまいのだから。

しかし状況は変わらずに試合終了。
歓喜の柏レイソル。

終了セレモニーを待つためだけに、
拷問のように見続けるサポーター達。

セレモニーで話される言葉も今は虚しい。
静かにしていてくれた柏サポーター。
彼らの情けが嬉しいような悲しいような。

競技場を回る選手達の目は死んだ魚のようだ。
それもあってかブーイングは起こらず、むしろ拍手


正直何を言えばいいのやらという感じ。
あの試合と、あの光景を見てしまい、頭が大混乱。
頭では来季だ来季と考えてはいるんだけど、
なんだかそれがサラサラと抜けていく感じ。

楽天の野村監督が言ってた。
怒りが諦めに変わったらまずい。
シーズンが今終わってくれてよかった。
オフで気持ちを巻きなおすことができる。
今ならその気持ちがよくわかる。

サポーターにも少し休憩が必要だ。


(でも今年もFM湘南ナパサの解説は辛口だったなぁ
(え?今年の成績で来年J1目指すの?とか言われますよって、
(まあ正しいけど聞くとグサリと来るセリフだった。。。
posted by kash at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

最終節はFM湘南ナパサだ!

いやもう明日のカンファレンスに向けて早く寝ないと!
というわけで簡単に。

明日はFM湘南ナパサで試合を生中継するそうです!
実況はいつも通り児玉美保さんです。
聞きやすい声だし、落ち着いているし、
湘南ベルマーレが好きだという感じが伝わってくるし、
過度にベルマーレを贔屓していないし
なんとも良い感じだと思います。

ラジオで聞きながら試合を見るのは意外といいんですよー
ぜひ一度やってみることをお勧めします。

ちなみに私が始めて聞いたのは去年の徳島戦で、
解説はロペスだったのですが実に辛口。
愛してるから悲しいよーと言いながらも、
実にけちょんけちょんにけなされました。

今見てもまたけなされるんだろうなーとは思いますが、
いつかロペスに褒めさせてやろうじゃないですか!
スタジアムの雰囲気も含めて!

ではお休みなさい!
posted by kash at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

青く染まれ!

最終節の企画はさらにさらに!

「青く染めよう!BLUE HEAVEN(ブルーヘブン)」

BlueHeaven180_65.gif

相手側は黄色に染まること間違い無しでしょう。
それに対してこちら側は青色で!
この季節さすがに青いシャツは寒いだろうけど(笑
何か青いのを探していこう。

とりあえずクラブからの公式(?)企画なので、
詳細は公式までー
posted by kash at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

12月2日はゲーフラ祭り

12月2日は企画が盛りだくさん!
柏に対抗して湘南でもなんとゲーフラ祭りが開催されます!

20061114_151542.gif

gf_fes.gif

選手人数分のゲーフラを作るそうですよ。
かなりの規模になりそうなのですごく盛り上がりそう。

見るのも楽しいけどやるのも楽しそう。
今回の参加締め切りはもう過ぎているのかな?


詳細はBlue wave Ψ Green windさんの方でどうぞー
posted by kash at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

研修

今日の会社の研修でPDCAを習いました。
え?社会人の基本ですって?そうですか(´・ω・`)

で、湘南系のBlogでどなたか書いていた様な?と、
心当たりをがさごそあさりましたが発見できず。
うーん、どんな文章だったかなぁ。


まあ簡単に言えば、

P:実験計画の立案
D:実験の実施
C:実験データの解析
A:解析結果の活用

となるわけです。
で、仕事が色々と忙しいとPとかAが抜けてくるそうな。
PとAをやってまとめないと次に活かせないわけですね。
いやぁ、勉強になりましたよ。
いつも適当に始めて適当に終わっているので(笑)


で、さらにPについていうと、
実験の計画段階で明確にすることが10個ぐらいあるそうです。

1:実験目的(湘南の右サイドの攻守を改善しよう)
2:測定項目(突破やクロスの回数やボールを奪った回数とか?)
3:実験条件(右サイドバックを変えてみよう)
4:固定項目(他のポジションは変更なし)
5:実験順序(普段の練習から指導しておかないとね)
6:実験規模(1クール12試合ぐらいかな?)
7:固体選定(MF:アジエル DF;アマリウド、須田、冨山、村山)
8:実施方法(とりあえずリーグ戦の試合)
9:解析方法(ビデオでチェックしましょうかね)
0:活用予定(次のクールでよかった組み合わせを使おう!)

湘南ベルマーレで言うとこんな感じ?
クラブにはどんな実験報告書があるんだろうか!(ワクワク
きっとPDCAが書き込まれた素晴らしいものに違いない!(ドキドキ
そんな重大なものはクラブの金庫に保管されてるんだろうな!
ぜひ一般公開していほすぃ(ぇ
posted by kash at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

ちょっと思い出す

わずか3年しか見てないけども、
その中で見ていて面白いなーと思った時期は2回ほど。

ひとつは望月氏が監督を代行していた時期。
普通に見るとカウンターサッカーだったのかな?
全体的にペナルティエリアまで守備ラインを下げて相手を迎え撃つ。
ボールを奪ったら相手ゴールに向かってどーっと走る。

とれる選択肢が多くなかっただけに、
シンプルな戦術を選んだのでしょう。

この頃は見ていてとても楽しかった記憶があります。
完全に決定的なチャンス!というのが多くて、
グンチョルのFKは味方に合うのでワクワクした。
決定力不足というのをチャンスの質と数で補っていた。


もうひとつは去年の開幕からGWまで。
守備ラインをずーっとあげて相手に前からプレッシャーをかける。
取ったボールは素早くミチに展開して強引に相手ゴールに攻めるもの。

ゴールから遠くで守備をするのでそれだけ危険が少なくて、
相手ゴールの近くでボールを取れるので攻めやすい。
徳島戦でのミチのゴールは本当に記憶に残るゴールだった。

残念ながらGW頃にはこのサッカーは見れなくなった。
なかなか体力のいる作戦だったこともあるし、
攻撃が単調で読まれやすくて守勢に回ることが多く、
DFから前にボールを運べなかった。


この2つの時期はともに守備が攻撃を考えた守備になってるですよ。
こういう守り方をしたらボールを取った時にチャンスになる。
そう考えて守備が作られてるです。

点を取られないために守備をするのではなく、
点を取るために守備をするという考え方。
すなわち攻防一体というやつです。
考え方が積極的でいいじゃないですかー。
posted by kash at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

最終節はクラブカンファレンスもよろしく

最終節の朝はいつも通りクラブカンファレンスがあります。
シーズンを通しての不満や疑問を是非ぶつけましょう!
ちなみに今回も事前質問を受け付けています。
当日は1時間半しかないのでその場での質問は難しいでしょう。
ビシバシ質問を送りましょう。

監督は続投するの?とか、
アジエルは残留してくれるの?とか、
今年の敗因はなに?とか、
チケットは安くなるの?とか、
強化部をもっと強化しなくていいの?とか、
クラブハウスは今後どうなるの?とか、
野次対策はしてくれないの?とか、
今後のチーム強化方針は?とか、
競技場の食事をパワーアップしてくれないの?とか、
ゴール裏は解放してくれないの?とか、
社長はいつになったらプロジェクターで発表するの?とか、
シーチケ更新はどうなるの?とか、
監督のインタビューは年1回なの?とか


答えてくれそうにないことまで何でも質問しちゃいましょう。
自分達の要求を明確にしてクラブに伝えるのが目的ですから。
それがサポーターにできること。
posted by kash at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

野次

そういえば、
先日の愛媛戦でも絶好調で野次がとんでました。
前半途中に失点するととめどもなく溢れ出て、
もう野次に耳を塞ぐので試合どころじゃない感じ。

これがまた不思議なのか当たり前なのか、
試合開始から野次というのはないんですね。
大抵は試合の途中からでだいたい2パターン
失点した後か前半30分過ぎから。

で、メイン中央だとおおむね2人ぐらいがよく聞こえて、
一人は女性のすごい金切り声。
もう一人は男性じゃないかなぁ。

これがもう場面とか全然関係ないんですよ。
とりあえずマシンガンのように全てのプレーに対して、
野次、野次、野次という感じ。

野次に来てるなら試合開始からすると思うのだけど、
どうもそうじゃないようだし。
どういうつもりで観戦に来てるのか全く不明。

一方でメインのホーム側でも野次はひどい。
試合内容に依存するような感じで出てくるのだけど、
座る位置に関係なくほとんどの場所で野次は起こる。
ここはほんど男性がメインかな。

実際に野次のない場所を探すとなると、
メイン側ではもうアウェイしかない感じ。
あるいはTVで観戦するか。

行ったことないけどバックスタンド側はどうなんだろうか。
声出し部隊がいるから野次とかでない状況かも?

クラブとして実際どうにか対処できないのだろうか?
注意するとか、入場禁止にするとか
あれで確実にシーチケ購入者は減ってる気がする。
posted by kash at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

今年の選手

先日の愛媛戦を見て思い出したのだけど、
フラビオは今までのイメージと違って、
割と機能していたと思う。
今後の3試合の内容次第では名誉挽回もなるか?

ばっさりと選手を切って始まった今季だけども、
それなりに良い選手が出てきor獲得したなぁと思う。

FWではやはり石原とゲンキでしょう。
石原はなんといってもスピードがあるし運動量も豊富。
ゲンキはボールを引き出す動きを頑張っている。
これにウメが復帰すればなかなか楽しいことに。
横山はもう少し攻撃に貢献して欲しいところ。

MFでは北島と鶴見でしょうか。
北島は前半戦に出ていれば・・・と
後半戦では完全にチームの要でした。
後継として中町に期待してるけどなかなか。
一方で鶴見はなかなか見ていて面白い。
ライバルがアジエルと坂本というのはハードルが高いかな。
頑張って出場時間を増やして欲しい。

DFは松本とオマでしょう。
オマは左SBとしてほとんど出場している。
プレーも毎回安定しているし、
もう少し前にでるようになったら面白そう。
松本はよく競っているからかゲガが多かった。
でも監督の第一選択肢になっている。
もっとゲームメイクできるとよさそう。

GKはトモと慶
トモは結構よかったと思う。
厳しいシュートも防いでいた。
慶はまだ若干判断に不安があるけど、
ゲームに出ることでよくなるんじゃないかと期待。


こうやって見ると選手獲得はまあまあ良かった。
強化部の実力は来季の編成でいよいよ問われることに。
監督選びも含めて。続投or新規
posted by kash at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

第49節 愛媛戦 0-2

しばらく試合を見れないうちにすっかり寒くなりました。
防寒対策をしっかりしないともう観戦は厳しいですね。

そんな寒い中でも4500人もの観客が集まることを考えると、
順位を考えれば非常に恵まれていると思います。

そんな期待に応えられないのが今の苦しいところ。
速いリスタートについていくことができずに失点し、
立て直せぬまま更に追加点を取られリーグ戦5連敗。

順意表を見てみると単独の11位です。
さすがに12位はなさそうですけども。
残りの対戦相手を考えると連敗が怖いところ。


ここまで来るとさすがに自分達の弱さを実感できます。
完璧に叩きのめされた試合というのがほとんどなくて、
どれもあと少し変れば勝てたのになぁと思う試合でした。
でもそれがシーズンで積み重なるとこんな大きな差になるわけで。
あと少しの差というのが本当に大きな差なんだなと。

個人的に気になるのは、
試合中に劣勢な状況を工夫して変化を起こして自分達のペースにする、
そんな場面は私が試合を見るようになってから一度もないということ。
シーズンを通してチームが修正されて良くなったのも見てない。

状況を改善する能力というのが一番当てはまる言葉だろうか。
posted by kash at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

サポーターミーティング

先週の試合前にサポーターミーティングがありました。
久し振りに真面目に早起きをして平塚の総合体育館に行きました。

朝10時からということもあって開始当初は25人ぐらい。
車座になって皆で話し合っていました。
時間がたつにつれて増えていき最終的には50人ちょっとぐらいに。

ミーティングの内容自体はもともとフリーだったのですが、
応援をよくすること、観客を増やすことに焦点がしぼられました。

・選手個人の歌を増やす
・タオルを使った応援
・勝った時のおきまりをもう少し増やす
・立って応援するゾーンを拡大する
・チームが劣勢の時にも声をだす
・今日の試合での応援についての説明


1週間経過したため記憶がかなり風化しました。。。
EFSの方で議事録を出すという話があったので、
詳細はそちらを参考にしてもらえればと思います。


感想
posted by kash at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

第46節 横浜FC戦 0-1 あの弾幕はネタ?

この日は朝からサポーターミーティングがあったので、
なんと朝10時に平塚におりました。
おかげで試合2時間前からスタジアム入り。
いやぁ、暇で暇で。

スタジアムに入ると何故かお弁当箱のプレゼント。
なんでだ?平塚信用金庫の日のはずだが。。。

さらに産能大とベルマーレ共同でのアンケート用紙。
チケット料金とスタジアム内サービスのお話でした。
何故に前売りの方が安いのだろ?

さて試合はというと、
前半20分ぐらいにアウグストの見事な突破&クロスを、
カズが押し込んで先制されてしまいました。

その後はのらりくらりと逃げられてしまい、
0-1で試合終了に。

試合後は横浜FCのサポーターが、
「色々ありがとう平塚、また会う日まで」
な感じの弾幕を出して盛り上がっていました。

素人サポーターの私にはいまいち意味がわからず。
挑発?ネタ?それとも本当に感謝?
私は文面通りに本当に感謝だと思ったのだけど。
挑発にしては悪意が足りないし。
ネタにしては意味不明だし。

それにしてもストレスのたまる試合だった。
決定的な場面は1度ぐらいだったかな?
シュートが本当に枠に飛ばなくて・・・
ぜひシュートは枠に飛ばして欲しい。


残りのホームはついに2試合となりました。
なんとかあと1勝はしてほしいなぁ。
愛媛に勝てばギリギリ一桁順位をキープできると思うのだけど。
posted by kash at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

スタメンを振り返る

そろそろ今季の総括がされそうな時期でしょうか。
○○監督が○○なんだ!とか、
○○部長が○○なんだ!とか、
○○選手が○○なんだ!など。
サポーター間で色々と紛糾しそうな感じです。

そんなところでふと思い出したのが、
開幕の時にスタメンがガラッとかわったなという印象です。
スタメンは下のような感じで、去年のメンバーが3人しかいない。
まさに大改革を行ったわけです。
_____

伊藤 友彦
須田 興輔
松本 昴聡
城定 信次 
尾亦 弘友希
加藤 望
ニヴァウド
佐藤 悠介
アジエル
ファビオ
横山 聡
_____

そして徳島戦のスタメンを見てみると、
開幕時のスタメンが4人だけになっていて、
湘南で頑張ってきた選手が増えています。
_____

植村 慶
須田 興輔
田村 雄三
村山 祐介
尾亦 弘友希
アジエル
北島 義生
佐藤 悠介
坂本 紘司
永里 源気
石原 直樹
_____

うむ、だからどうなんだ?(苦笑

日本人選手は試合に出て貢献している。
外国人選手は去年もそうだけど活躍してる選手が少ない。
総じて補強はまあまあ?

ただ、こうしてみると、
このままなら大改革する必要があったのか?という疑問も。

強化の方向性はチームを見てもよくわからないし、
たぶんこの先があるとは思うのですが、
上田監督が辞任したことで宙に浮いてしまわないか不安。
今後どうなっていくのだろう。

不安な結論になってどうする!って気もしますが(笑
まさしく今は不安な状況です。
選手も同じく不安なのかな?
posted by kash at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

第44節 徳島戦 2-4

ええ、アジエルの得点を見逃しましたよ。
ちょうど競技場の外を歩いている時でした。
歓声がどーっと上がってしまいました。
まだ開始5分だったんだけどなぁ。

もうそろそろ寒くなってきて、
半袖ではガクガクブルブルでした。
売店でも豚汁が売れてるようでしたね。

最近はメインのアウェイ側に座るようになりました。
いやもうメインの中央からホーム側は野次がひどすぎます。
あれなら家でTV観戦してるほうがマシでしょうね。
その点でアウェイ側は野次がまったくないし、
人が少なめで落ち着いて見れます。

_____

試合を見始めたときには既に湘南のペースでした。
高い位置からサイド攻撃を仕掛けることが出来ているので、
サイドを崩して次々とチャンスを生み出していました。

負けたのにこんなことを言うのも変ですが、
徳島は不調だったと思います。
3-5-2のシステムだとサイドの人数が足りないのですが、
サイド攻撃への対策がほとんどされてなかったと思います。

前半が2-0で終わったのは内容的にも当然でした。
メインの人達もこの時は拍手で迎えていました。

後半に入っても最初は湘南のペースでした。
実際にGKと1対1の場面が2回はありました。

ただ、どちらも外してしまった時に、
多くの人は負けを覚悟したんじゃないかと思います。

徳島は湘南のCBの二人を狙ってきました。
2トップとトップ下が連動して仕掛けてきました。
特にロングボールへの対処が難しくて、
後半だけで4失点となりました。

試合後は各スタンドの反応が気になって見ていましたが、
7G側はブーイングでチームを迎えていました。
メインスタンド側はいつも通りの拍手。
ただし、やめちまえ!という野次もありました。

_____

安定して戦うことができません。
試合中もそうだし数試合を通してもそう。
あるいはここ数年もそう。

安定しないなりに帳尻を合わせられればいいのですが、
それもまたなかなか難しく。
同じところをグルグル回っているイメージです。

大きな方向性が示せるかが残り試合中の課題かなぁ。
posted by kash at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

天皇杯3回戦 対関西大 4-1

いやはや今日も実に良い天気でした。
平塚駅周辺では囲碁祭りが行われていました。
1000面打ちで打つ人と観客でごったがえしていました。
今まで見た祭りの中では一番の盛り上がり。
改めて熟年パワーの凄さを感じました。

試合が見れたのはまたしても後半から。
最近遅刻が・・・・・
どうも未だに距離感が掴めなくて(なんのだ

天皇杯は売店がやってないというイメージがあったので、
駅前のマックで食料を調達して行きましたが、
どうも売店はやっていたようでした。
でもいつもと店員さんが違ったような?

座ったのはメインのアウェー側です。
人が少なくて本当にまったり見れました。

あと湘南のメンバー外の選手も数人いました。
鶴見もその中にいたのですが、
なんか若干足を引きずっていなかったかと、
気のせいなら良いのですがちょっと心配です。


さて試合のほうですけども、
どうにも緊張感が足りないのと執念がたりないのとで、
なんともまったりした展開になりました。


CB間のスペースを割られてチャンスを作られたり

相手のポストプレイに対応する人がいなかったり

プレスが緩いところをかわされて逆に数的不利になったり

モチベーションが上がらないのか走れなかったり

体をうまく入れ替えられて縦パスをインターセプトされたり

何故か相手に見事なパスを出してしまったり


天気が良いおかげでのほほんと見れました。
空がとっても青かったですから。
気がついたら後半は無失点ですから。


帰りの平塚駅では囲碁祭りはまだまだ熱気に溢れていました。
posted by kash at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

日本対ガーナ戦 0-1

水曜日は早く帰れたこともあり久しぶりに日本代表の試合を見ました。
試合全部をまるまる見れたのはワールドカップ以来。
つまりオシムジャパンを初観戦となるわけです。

試合を見て驚いたのはガーナの選手の個人能力の高さ。
体が大きくて本当に懐が深い。
フィジカル的にも抜群に強い。

あと本当に良く勝負を仕掛けるし、
一度勝負をしかけたら実にしぶとい。
なんとか前に突破しようとする。

世界レベルの個の強さというのは本当にすごいなぁ。
日本はまだまだ追いついていない。

しかし果たしてどうやって追いつくのだろうか。
Jリーグでは世界レベルの選手と戦う機会はまずないし。
でも何度も戦って負けないと慣れないし追いつけないよな。

そう考えると日本代表は実に重要な経験の場。
国内の選手が海外の選手と対戦する経験を得ることができ、
世界レベルの個の強さを身に着けるチャンスだ。

その身に着けた個の強さをJリーグで発揮すれば、
国内の力も自然にあがっていくはずだし。

代表は日本サッカー協会の資金集めの部分が強いと思っていたけど。
やはりサッカーの面でも色々と貢献しているんだなぁ。

代表は結果重視だと考えていたけれども、
世界との格差を考えると代表による育成は非常に重要なんだな。
多くの選手に世界のサッカーを経験し成長しないといけない。

これは日本代表がクラブチームのようになるということじゃないか?
良い選手を発掘して、経験を積ませて、一人前に育てる。
世界に追いつくには今まで以上に選手の育成が必要だ。
オシム監督もそう考えてるんじゃないかな。

クラブチームのような日本代表
それがこれからの4年間のキーワードかも。
posted by kash at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

第43節 水戸戦 1-0

相変わらずこの日も5分遅刻。
うーん遅刻が慢性化している。
いかんいかん。
まるで会社のようだ(爆)

スタジアムに入ってまず思ったのが、
か、観客が少ない・・・
うちも少ないけど水戸も少ない。
順位的にしょうがないのかなぁ。
が、だからこそ残ってる観客は貴重ですよ?フロントさん

試合自体は湘南が堅実に1-0で勝利。
6試合ぶり、一月ぶりの勝利です。

試合の中で印象に残ったのはやはり得点のシーンです。
何故か右サイドにいた佐藤にボールがわたり、
佐藤がそのままゴールラインまで深く切れ込んで、
マイナスのグラウンドのパスを中央に折り返し、
永里がニアに飛び込んで合わせてのゴール。

流れの中で取れた綺麗なゴールであることはもちろんのこと。
久しぶりに見た典型的なサイド攻撃でした。
普段からサイド攻撃が苦手な湘南としては実に見事な形。

ニアであわせた永里のシュートは確かに見事でしたが、
そもそも相手からすれば右サイドにいる佐藤は、
何故おまえがそこにいる!!??状態だったでしょう。
この試合で佐藤は何度か右サイドにいたので、
狙っていたのではないかと思います。

恐らくこの日の水戸は湘南の右サイドを狙っていた気がします。
相手はそれだけ攻撃的に前に出てきます。
佐藤はその裏をつくことを考えていたのではないでしょうか。

得点はそんな佐藤の狙いと、
永里の素晴らしい飛び込みにより得られたものだと思います。


話は変って鶴見。
この日はサブのメンバーに入ったものの出番はなし。
大崩れする選手もいなかったのでしょうがないかな。

ただ試合後の練習を見ているとやっぱり良い選手だなと。
まず体型が良いですよね。
背は大きくないけど上半身がしっかりしている。
体を動かしてる様子もリズム感があるし。
ボールのタッチもソフト。

あの練習を見れただけでも来た価値があると思いました。
そろそろ試合に出してみませんか?菅野さん。
posted by kash at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。