2005年12月26日

アマチュアチーム

ジェフのアマチュアチームがJFLに昇格したことや、
今季ユースからトップ昇格がないという噂などで、
最近話題になったアマチュアチーム。

ベルマーレでも前々回あたりのクラブカンファレンスで、
アマチュアチームについて話がありましたので、
恐らく準備を進めているのではないかと思います。

練習場などの場所確保だとか、
監督やコーチなどの人件費だったりとか、
解決する問題が多そうですが、
そろそろ進捗も聞きたいところ。

トップとユースの差は結構ある?ようです。
年齢を考えると判り易い気がしますが、
トップが25-29歳とするとユースは18歳です。

ユースの実力が出てくるのが6-7年後ですから、
そういう意味では22-23歳の大卒が優先されますね。

今回議論されているアマチュアチームは、
トップとユースのギャップをクラブが、
自分達で埋めようということです。

メリットはなんといっても継続性。
クラブの特徴を持つ選手になります。
あとは将来性のある人間のお手つき。

例えば他のJ1チームのユースで、
トップに上がれなかった原石の選手を、
3-4年でじっくり戦力に育てて、
うちの特徴を植えつけれます

一方でデメリットもあります。
すぐに結果が出ることではないので、
短期的に資金が減ります。

あと選手が異なるサッカーに触れる経験、
それがなくなることがあげられます。

実はこちらの方が心配かもしれません。
異なるクラブ・チームに属することで増える、
選手のサッカーに対する引き出しが、
育成されないかも?しれない。

とりあえずプロジェクトが進んでいるのか、
カンファレンスで確認したいところ。
posted by kash at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

待望の移籍情報

公式で移籍情報が発表されました。
詳しくはそちらをご覧ください。

簡単に言えばバリとゴーランの替わりに、
ブラジル人MFの二人を完全移籍で獲得しました。

一方で望月コーチが仙台に移籍となりました。
仙台でもコーチに就任するようです。

ホーム最終節での監督の言葉が思い出されます。
"新生ベルマーレ"

これまで上田監督はチームを崩してきたけれども、
ここから再び積み上げていくことになるのかもしれない。
今度は絶対にチームを崩すのを見たくはない。

クラブは肝に銘じないと
posted by kash at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

"チケットぴあ"の記事

"チケットぴあ"で2005年のシーズンレビューが書かれています。
主に上田監督のコメントが書かれています。

まずこの記事を書かれた隈元大吾さんに感謝を。
サポーターが知りたいと思っていた監督の考えを、
初めて文章で知ることができました。

記事の中で一番の鍵となることは、
上田監督が恐らく的確な反省をしていること。
そしてそれを来季に活かす姿勢があること。
少なくとも隈元さんは直接そう感じたのでしょう。

上田監督の考えについて情報不足である現状では、
監督続投に対して疑心暗鬼にならざるをえませんでした。

でも今回の記事を読んでみて、
上田監督はこの1年の経験を来年に活かしてくれる。と、
来季の開幕を期待して待てる気がします。

一方で残念なことが、
監督の考えをクラブの公式HPではなく、
"チケットぴあ"の記事で知ったことです。

サポーターは監督やチームについて、
もっともっと知りたいと思っているはずです。

公式HPの監督のボイスをなんとか更新できないものか、
クラブにぜひお願いしたいところ。
posted by kash at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

Bellmare Holder Stadiumの第1回

土曜日はユースのU-17の試合を見るついでとして、
ラジオで"Bellmare Holder Stadium"の第1回を聞いてきました。

先日のクラブカンファレンスでも宣伝していたように、
クラブの考えをラジオによりサポーターに伝えるという、
素晴らしい試みです。
ぜひ定期的にやって欲しいと思います。

内容についてはBell-Macさんの記事を見て頂くのが判りやすいと思います。
クラブカンファレンスの時よりも新しい話が出ています。

個人的には番組の形式を少し変えた方がいいのかなと。
社長と小林氏の二人で番組進行していたのですが、
割となぁなぁで話が進んでいる気がしました。
あれだと不満を持つサポーターは納得しないと思います。

厳しい意見を持つサポーターを番組に入れるとか、
同様に厳しい意見の投書を採用するとか、
何かしら改良をした方がいいでしょうね。

あと前回のクラブカンファレンスでも問題になった、
上田監督続投についても更に論理的な説明をした方が。

いや2年契約だから続投なんだと言い切るなら納得できるのですが、
成績良くなったのは見かけ上だけで実質去年と変っていないので、
説明にはなっていないかと。

次回はどんな話をするのか気になるので、
予めHPで予告してもらえると助かりますねぇ。
posted by kash at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

12/17 神奈川県U−17サッカーリーグ 準決勝

これまで大神に一度も行ったことがなかったので、
これは良いチャンスだということで行ってきました。

ここ2週続けてユースの試合を見てきたので、
その流れで3年生が抜けてどのような戦いをするのか、
そんな興味もありました。

幸いにも今日は久し振りの快晴での観戦。
やはり土曜日は天気に恵まれているのか。

現地の駐車事情もいまいちよくわからなかったので、
小田急線の本厚木駅から平塚駅行きのバスにのって、
20分ぐらいで大神バス停で下車しました。

しかし慣れた方は一つ前の下戸田バス停で降りていきました。
下戸田バス停の方が目の前にコンビニもあり、
グラウンドのある川の方へ行きやすかったです。
(帰りの時に確認してみた)

携帯のナビにしたがって川沿いの道を目指していくと、
湘南ベルマーレの建物(?)が見えました。
これはもう産能大学のものなのかな?
プレハブのクラブハウスは見つからず。

川沿いに出ると噂の新幹線がまず見えて、
その後に実に沢山のサッカーをしている子供達と、
その観戦に来ている父母を含めた人達。
これが毎週の光景だとしたら素晴らしいなぁ。

TOP芝がどのピッチかよくわからなかったので、
一番年上ぽい子達のいるところまで行って、
邪魔にならないように端っこで座って観戦していました。
(試合途中で法政サイドだったことに気がつきました)

さて試合の方はというと、
簡単なパスミスが多くて、
なかなかボールの繋がらない展開でした。

その中でも両サイドでの勝負はかなり面白かった。
1対1の勝負から深くまで切れ込んで、
ゴール前にラストパスを出す。
サイドを崩すとチャンスになるお手本のような光景。

前半は1-0で折り返しました、
後半になるとベルマーレの押せ押せの展開になりまして、
気がついたら4-0での勝利となりました。

後半は実はラジオを聴きながらの観戦だったもので、
かなりあやふやだったりします(苦笑)

やはりトップとサイド攻撃に対する違いが印象に残りました。
サイドからアーリークロスや放り込むようなパスで終わるより、
きっちり深くまで切れ込んでラストパスを出す方がチャンスになりますね。

それと選手の名前は知らないのですけども、
10番の子のプレイがとても落ち着いていて印象に残りました。
相手を呑んでかかっているというか、おちょくるというか。
トップにはいないタイプの選手ですね。

というわけで寒さもあって試合後は即撤退。
バスも1時間に4,5本と頻繁にあるので、
大神までかなり交通の便がいいんだなーと実感。
今度は馬入も行ってみなければ。
posted by kash at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

Jユースサハラカップ2回戦 vsFC東京戦

12/11(日)は先週に続いてユースの試合を観戦に。
この日も残念ながら曇りでした。
今にも雪が降りそうな雰囲気。
(夜のトヨタカップでは雪が降ってました)

今回の会場は新木場駅からすぐちかく。
夢の島競技場で行われました。

新木場駅の周辺には食事処が結構あるので、
今回は食料に困ることはありませんでした。

試合は13時開始ということで、
今回は無事に間に合いました。

観客はメインスタンドに入ることができたのですが、
今回はかなりの観客数でした。
前回の倍以上はいたんじゃないでしょうか。

試合の方はあれよあれよと2失点。
ここまで差があるとは。。。

相手の方の身長が高くて空中戦で競り負けたり、
ルーズボールの競り合いで吹き飛ばされたり。
相手がボールを持つと1、2人簡単に抜かれてしまう。

それでも粘り強く対応をしていくうちに、
前半の途中から徐々に湘南ペースに。
そしてようやく猪狩のミドルシュートで豪快に1点を返す。

その後はなかなか攻め切れなくて、
前半が終了。

後半に入ると再び相手のペースになってしまい。
2点決められて1-4という結果に。

試合終了
05121206.jpg

途中でキャプテンの鈴木君が負傷したように見えましたが、
大丈夫であったか心配です。

それにしてもユースの目指すレベルがよくわかる試合でした。
育成を考えると個の力で負けないようにならないと。

今週の土曜日は大神で再びユースの試合が。
12時からだそうです。
posted by kash at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

今いるメンバーを考えると・・・

来季のメンバーをつらつらと考えていました。
残った選手にポジションと年齢を考慮して、
先発、サブ、育成にわけると、

1.コバ
2.富山
3.バリ
4.JOJO
5.村山
6.加藤
7.ゴラ
8.佐藤
9.坂本
10.梅田
11.柿本

12.中里
13.戸田
14.田村
15.池田
16.植村

17.石原
18.中町
19.永里
20.森谷
21.尾亦
22.渡辺
23.鶴見
24.吉井
25.濱崎


こんな感じに。
中町・永里・森谷・尾亦は十分に戦力かな。
サテライトリーグへの参加を考えると、
あと3人ぐらいは入るんじゃないかと。

上田監督にとっては勝負の年になることを考えると、
外国人FW1人と即戦力が2人加わる可能性が高いかな。

ポジションで考えると右サイドバックが足りていないので、
その補強は十分に考えられそう。

昇格するかどうかというのはもちろんありますが、
サポーターが納得できる内容のサッカーをして欲しい。
言い訳できるようなメンバーではないはずです。
(それはまあ今年もなんだけど・・・)
posted by kash at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

甲府がJ1昇格

湘南は今季の甲府と4回対戦したわけですが、
対戦成績は1勝1敗2分の互角でした。
何時の間に差ができたのでしょうか。

最初の3戦は実際に観戦していました。
甲府はチームとして確かに強かったし、
バレーは反則だなーという感じでしたけども、
それでも互角に戦えていました。

特に夏休みの8月13日に行われた第3戦は、
相手選手が退場して有利な立場にもかかわらず、
1-1という引き分けで物凄い悔しさがありました。

勝負所なのに失速していくチームの勢いに、
とても悲しい思いをしたことを今でも覚えています。

最後の5-2という虐殺された試合は見てません。
それを考えると第4クールには差があったのか。

それにしても入れ替え戦でバレーは7得点。
外国人FWの得点力というのは凄い。

J2を勝ち抜くには外国人FWといいますが、
その定説は正しいということなのでしょうか。

一方でついにJ2に降格した柏。
J2は別に地獄というわけじゃ(笑)
観戦に限って言えば環境もそれほど悪くないし。

お金があるチームであったり、
確実にチーム作りをしていれば、
J1昇格はできますしね。

来季どんなチーム作りをするのか楽しみです。
個人的には観戦場所が近くなって歓迎。
posted by kash at 09:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

徒然

続投について色々と話題になっている上田監督ですが、
冷静に考えると実際にはどうなんでしょうかね。

去年と今年の違いは以下の2点
・去年は監督が3人
・上位2チームが抜けてJFLから2チーム加入

成績の変化は以下の3点
・勝ち点+18(+6勝)
・得点+7
・失点-5

昨年の上位2チーム(川崎・大宮)と、
新規参入2チーム入れ替わりの効果
・勝ち点+6(1勝7敗から2勝3分3敗)
・得点+4(4から8)
・失点-5(15から10)


1シーズン一人の監督がチームを率いて増えた効果は、
勝ち点+12ということになります。

得点と失点についてはチーム入れ替わりの恩恵によるもので、
改善されてはいません。

更に言えば新規参入の2チームに対して負け越しています。
これはとても勿体無い。

こうやって数字で見て検討すると、
あまりチームが改善されていないことに。
試合で見た印象が正しいことが判ります。

しかも今年はシーズン中も活発に補強しました。
それを考えると印象は少し悪くなるでしょうか。

大丈夫かなぁ
posted by kash at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

12月11日(日)は夢の島競技場へ

日曜日は実家から寮への移動日なので、
普段は試合には行かないのですが、
前日の今季最終戦でのこともあり、
Jユースサハラカップ2005 決勝トーナメント1回戦に、
思い切って行くことにしました。

この日の天気は曇り後雨でした。
更にとても寒い天気で観戦には辛いところ。
久しぶりの悪天候でした。

場所は埼玉スタジアム2002第二グラウンド。
電車で行くと埼玉高速鉄道の終点浦和美園駅です。
地下鉄南北線から直通で行けます。

今回初めて訪れたのですが、
周辺はほとんど野原でコンビニなどありません。
ただスタジアムにレストラン(?)があるので、
食料に関してはなんとかなります。

私は駅の自販機でHOTの飲み物を購入したのですが、
スタジアムに行くまでにある自販機は、
HOTの飲み物がまったくありません。
夏から製品の交換をしていないのでしょう。

埼玉スタジアム公園は壮大なサッカー場です。
メインスタジアムは6万人が入場可能で、
他にグラウンドが2面、フットサルコートが2面、
駐車場も4つあります。

この日はJユースの試合以外でも、
グラウンド1面、フットサルコート2面も使用されていました。

湘南ベルマーレの試合は第2グラウンドで行われていたのですが、
公園が大きいだけあって非常に遠い。。。
荷物が多かったので辛かった(笑)

第2グラウンドはバック側に若干の傾斜と屋根&座席付きのスタンド
この日は湘南側だけでも50人かそれ以上いたかもしれません。
全員が屋根の下に入っても余裕がありました。

選手の関係者の方々のほかに、
EFSの方々が二桁超えるくらい?
あと普通のサポも二桁超えるくらい?

EFSの方々が楽器も持ってきていたので、
トップチームに近い応援が展開されました。

この日の対戦相手は愛知FC
私は14時試合開始の5分後ぐらいに到着して、
観戦することができましたが、
直後にいきなりゴールを見れたのはラッキーでした。

その後も湘南側のペースで試合を進めることができ、
前半だけで3-0とセーフティリード。

湘南ユースは体格的に恵まれているというのではなく、
とてもボールの扱いがうまいことと、
ボールも人も良く動くのが特徴的でした。

一方で愛知FCは上半身がとても筋肉質な感じで、
フィジカルが鍛えられていると思いました。

前半に湘南がリードすることができたのは、
守備での寄せの速さの差だと思いました。
実際にフリーでボールを持てる場面が多く、
パスも良く回っていました。

後半に入ると愛知FCはこの点を改善してきたことで、
一転して得点の動かない試合になりました。
その中でもFWがボールをもらう位置を変える等、
徐々に攻略してチャンスの場面を作り出していました。

そうそうこの大会では選手交代が5人までということで、
両チームともかなり積極的な采配でした。
誰だろうという場面も(笑)

試合は前半のリードをそのまま保つことができ、
3-0のまま無事に試合終了。
拮抗しつつ完勝ということで、
見ていてとても楽しかったです。

この日の印象に残ったのはCBをやっていた、
小林、鈴木、宮内の3人です。
彼らが相手FWをほぼ完封していたことが、
チームに凄い安定感をもたらしていました。
特にキャプテンの鈴木は実に力強い守備でした。

攻撃の方ではなんといってもFWの秋元です。
試合中に相手の攻略を自分で考えているようで、
彼にボールが渡ると何かしてくれるとの期待感が、
自然ともてました。

試合後は寒かったのとお腹が空いていたので、
EFSの方の挨拶を聞いた後に、
すぐに寮への帰り道につきました。

帰りは行きと違い武蔵野線で西船橋に行き、
そこから総武線に乗って帰りました。

来週は夢の島でFC東京と対戦になります。
13時から試合開始ですのでご注意を。
posted by kash at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

誰が「パス」をつなぐのか

三ツ沢での今季最終戦。
シーズンクラブパーティー。
そして契約非更新選手の発表。

色々と考えさせられる事が起きました。
その中でずっと頭を離れない言葉がありました。

"誰が「パス」をつなぐのか"
(Who will keep the ball?)

そう川端さんWSGでの連載のタイトルです。
我ながら教育されているというか、
洗脳されているというか(笑)
ただ今回は少し違う意味で使います。

この言葉の本来の意味は恐らく、
日本サッカーにおいて誰がパスを未来につなぐんだい?
協会?キャプテン?Jリーグ?クラブ?
いやいやいやいや、当事者である我々サポーターだろ!
だからこそ、今こそ、日本サッカーについて考え、
そして共に語ろう!
という川端さんのメッセージだと解釈しています。

しかし今回私が使う意味はもっと直接的です。
チームを支えてきた人間が去って行く今。
誰が湘南ベルマーレを受け継いでいくのか。
選手?クラブ?それともサポーター?

組織というのは多くの人間により作られる。
そして毎年多くの人間が入れ替わる。
その中で湘南ベルマーレという、
目に見えないものをつなげていかないといけない。

鍵となるのはシステムと精神だ。
精神は人間と言えるかもしれない。
湘南ベルマーレを形にしたシステムと、
システムを補完する湘南ベルマーレの精神である。

今回の件ではシステムの未熟さを露呈した。
チームとサポーターをクラブはどう結びつけるのか。
そのシステム自体がまだまだ不十分である。
チームの声がサポーターに届いていない。
クラブと我々の今後の課題である。

更に深刻なのが精神だ。
精神は人間によって受け継がれる。
その為には"湘南ベルマーレという人間"を育てることだ。
どうやって育てるのか?
それは"湘南ベルマーレという人間"が育てるのだ。

いま、湘南ベルマーレを体現した選手がチームを去って行く。
残った選手に、クラブにそしてサポーターに、
湘南ベルマーレは受け継がれたのだろうか。

もしサポーターが受け継いだのならば、
相手が選手やクラブであったとしても、
我々が彼らを"湘南ベルマーレという人間"に育てなければならない。

今度は我々がパスをつなぐ番だ。
posted by kash at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第44節 横浜FC戦 4-1 その2

この日はEFSの熱気を近くで感じてみようということで、
前半は日陰のゴール裏で観戦していたのですが、
飛んだり跳ねたりしない私には寒すぎる(苦笑
後半は日向に移動しての観戦に。

後半は不思議なことに湘南ペースになりました。
特にカウンターでの攻撃が綺麗に決まるようになりました。

というわけで後半はついつい浮氣さんに注目。
特に浮氣さんとヤスの守備連携が見れたりして。

浮氣さんに注目したおかげで逆にはっきり判ったのが、
戸田課長もミチも浮氣さんとのマッチアップに競り勝っていること。
カウンターだと1対1になりやすいのでより有利に。

そんな中で生まれた戸田課長やミチのゴールは本当に嬉しい。
二人とも点を取るFWだと思っているので、
彼らのゴールがチームとしても良い形だと思います。

ここからは湘南側のお祭りモードに。
佐野、白井、良和と順に投入されました。

特に佐野のゴールは彼らしいスーパーなゴール。
佐野のゴールはそんなに回数を見てないけども、
彼のはどれもスーパーゴールばかり。

ゴールと共にサポーターに駆け寄る選手達と、
力一杯伸びだすサポーター達の姿は、
三ツ沢競技場ならではの味わい。
この光景を見るとサッカー専用スタジアムが羨ましく。
喜び合ってるサポーターが落ちたのはびっくりしましたが。

試合はそのまま4-1で終了。
その後は三ツ沢最終戦のセレモニーへ。
監督達へのブーイングは共感するものがありました。

セレモニーの間にアウェイゴール裏では、
EFSが巨大な"9"のフラッグを用意していました。
そしてその下で待つ"10"の吉野。

横浜FCのユニフォームを脱ぎ捨て、
No.9のユニフォームで駆け戻るヤス。
私は涙脆いのでジーンとしていましたです。
次々と集まる、浮氣さん、白井、佐野、良和。

本当にこの試合を見に来てよかった。
そしてできれば見たくはない光景だった。
釈然としない気持ちのまま2005年が終了しました。
posted by kash at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

第44節 横浜FC戦 4-1

12月3日(土)は今季の最終戦。
今週も天気は快晴でした。
1年通してベルマーレポンチョが寂しそうでした。

この日、三ツ沢は15000人動員運動というのがあったので、
試合開始の1時間前に着くように早めにでかけました。

最寄の三ツ沢上町から歩いたのですが、
スタジアムに行く人をほとんど見かけませんでした。
これまでの観戦で初めての経験です。

11位の横浜FCの最終戦が5000人で、
7位の湘南の最終戦が4000人、
単純に比較は出来ないとしても悲しい。

さて、スタジアム内の売店で食料の調達。
前回はサザエ串だったが今回はお好み揚げ。
個人的にはこっちの方が好みかな。

バックスタンドに陣取っていたのですが、
クラブの広報の方とテレビ関係者が現れて、
サポーターにインタビュー。

広報の方の様子から察するに、
インタビューするサポーターは事前に決まっていたようですね。
確かに突然インタビューされても困るか(笑)

EFSが試合前にメッセージ入りの弾幕を用意してました。
その時はまだ何も考えていなかったので覚えていなかったのですが、
これがクライマックスへの重大な伏線だったとは。。。。

試合のメンバーを見てみると、
両チームとも最終戦ということを意識しながらも、
勝利を目指すという独特な色合いを帯びていました。

湘南は白井、良和、佐野というサブメンバー。
横浜FCもヤス、浮氣などチームを去るメンバー。

試合はシルビオの豪快なミドルシュートでいきなりの失点で始まる。
横浜FCの見事な連携である。

その後も一方的に攻められる展開。
正直に告白すれば、ヤスの動きをずっと目で追っていました。
私の知る限り調子が良い時の動きで、湘南にとって危険な選手でした。

そんなヤスと城のコンビネーションから、
フリーでヤスがシュートを打つがポストに。
この時に思わずあげた声はどちらに対するものやら(苦笑

そんな調子の良い横浜FCに苦戦したのですが、
前半終了間際にバリのゴールで追いつきました。
これで湘南側はホッと一息つけました。


続きはまた明日
posted by kash at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

シーズンチケット

今週末はいよいよ今季の最終戦になります。
試合後は感謝の集いがあります。

その感謝の集いでもシーズンチケットの受付をするそうです。
というわけで先ほどから書類を書き始めました。

しかし、よくよく見てみるとアンケートのようなものまで。
こちらを書く方が時間がかかりました(笑

クラブカンファレンスでは時間がなかったので、
聞きたいことを全部書きました。
ひとつでも答えが返ってくれば御の字でしょうか。

さて肝心のシーズンチケットですが、
実はランクアップすることにしました。

今のチームに対しては全然満足してません。
しかし監督の考えていることが判らないので、
チームに対する判断は保留中です

ただクラブのスタッフに対しては期待しています。
だからランクアップしてみることにしました。

答えは来季でるでしょう。
posted by kash at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

続・第43節 徳島戦 1-2 呂比須ヘッドコーチ

そうそう、競技場前で営業の方と話していたら、
この日も坂本と石原が仲良く競技場入りしてました。

先発メンバーには何故か村山の代わりに永里が左サイドバックに、
ゴーランが復帰して右ハーフになり加藤が左ハーフになりました。

この日も梅田は残念ながらメンバー入りならず。
やはり怪我が長引いてるのでしょうか。

さて試合の方はというと、
ホーム最終戦ということでいつもと違う内容に期待したのですが。
今季を象徴するような試合でした。

なかなか前線でボールをキープできないため、
押し上げて厚みのある攻撃ができない。

守備が後手に回っていることから、
高い位置でボールを奪っての速いカウンターをできない。

同様に守備が後手に回っているために、
ひとつのミスが即座に失点に直結する。

前半の失点もまさにその形でした。
DFがヘディングを空振りしたところを見事に入れられました。

前半が終了する頃には、
既に疲れの為に睡魔に襲われました。

このままではまずいと思っていたところで、
この日は呂比須氏を解説にラジオ放送があることを思い出しました。

実は私の携帯電話はラジオ機能がついていて、
それを使って聞くことが出来ました。

まず最初の話題というのが、
試合中に監督とコーチの両方がベンチにいるのは、
世界的にも日本ぐらいだという驚きのお話。

ブラジルでは(ヘッド)コーチは観客席にいて、
上からの視点で観察してベンチに状況を伝えるのだとか。
呂比須ヘッドコーチも自分のチームでやっているみたいですね。
うちも試してみてはどうでしょうか。

このラジオを聴くというのが功を奏したのか、
後半は俄然楽しく試合を聞く見ることができました。
おかげで後半開始直後の失点もそれほど気にならなく(ぇ

それにしても呂比須ヘッドコーチの解説は実に適切。
そして実に辛口のコメントでした。

悲しい・心が痛いと言いながらも、
情け容赦なくダメ出し。

特にDFのポジションが悪いということと、
FWがボールキープを頑張っていないということ、
試合中ずっと指摘していました。

そんな中でも永里のゴールは本当に綺麗でした。
今日のチケットは呂比須ヘッドコーチの解説と、
永里のゴールの為に買ったのだなと。

呂比須ヘッドコーチの願いが選手に届いたのか、
徐々にFWが粘り強くキープする場面が出始めました。

それにつれて徐々にチャンスが出てくるわけですから、
的確な解説だったということでしょう。

戸田のポスト直撃のミドルシュートもあり、
同点への期待が高まったのですが、
残念ながらそのまま1-2で試合終了

ホーム最終戦は敗北で終わってしまいました。
去年の最終戦を思い出すとこの最終戦は実に悲しい。
来季への希望をどう持てばいいのか。

またも終わらず。
続きは明日に。
posted by kash at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

第43節 徳島戦 1-2 呂比須ヘッドコーチ

クラブカンファレンスが朝10時からあるということで、
平日並みに朝の6時に起床でした。

この日も気持ちの良いぐらいの快晴。
今季は本当に天候に恵まれているなぁ。
実際そのお陰で観客動員数も伸びている。

サポーター忘年会に顔を出すつもりだったので、
電車で平塚駅に向かう。

平塚駅周辺ではこの日もお祭りがあるようで、
多くの人が準備で忙しく動き回っていた。

総合公園に向かう途中ボンボネーラの前を通ると、
既にEFSの方々が集まっていた。

総合公園内では体育館に向かう為に、
原っぱを横切ってショートカットしようとしたが、
道に迷ってしまった・・・orz

結局はいつもの道に戻って行く事に。
来年こそはリベンジをしたいところ。

クラブカンファレンスが11時40分まであった後に、
スタジアムに向かう。

スタジアム正面のテントにおいて、
感謝の集いに出席する手続きをする。
今回が初めてなので楽しみである。

その時に近くにいた営業の方としばしお話。
土日が忙しいクラブのスタッフは月曜もなかなか休めないとか、
シーズン中よりシーズン前後が忙しいとか、
疑問に思っていたことを色々と聞くことができた。

正面玄関で話していたこともあって、
途中様々なゲストの方と挨拶していた。
その中には呂比須ワグナー氏もいて、
間近に見ることが出来た。

30分以上も立ち話をした後に、
慌ててスタジアムに入る。

いつも通りにカレーライスを購入して、
1ゲに陣取って見ると、
7ゲの方は予想通り青く染まっていた。

ただ、天気も良く土曜日の昼間でホーム最終戦なのに、
観客はとても少なかった。
やはりAWAYでの大敗が響いているのか。

というわけでまた途中ですが、
続きはまた明日に。
posted by kash at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

続々・11月26日のクラブカンファレンス

ようやく会社の寮に帰宅。
頑張って続きを書くことにしましょうか。

・湘南ベルマーレが目指すチーム・選手の特徴とはなんぞや?

質問した方の希望としては、
サイドに強いチームになって欲しい。
そしてサイドで勝負して勝てる選手が育って欲しいとのこと。

チームとしては同様にサイドに強いチームを目指しているらしい。
監督や選手への契約にもそれに近い条項が入っているのだとか。

社長個人としては攻撃的なチームが好きで、
イタリア的というよりもスペイン的だそう。

ただ、チームの特徴や伝統というのは、
こうだ!という感じで作っていくのではなくて、
年月と共にサポーターとクラブで自然に作られるというのが、
社長の考えらしい。


・FWの話は出たけど守備の強化は?大量失点しまくりだよ?

バランスが大事ではあるけど、やはり得点が重要。
つまり具体的には考えていない雰囲気であった。


・強化については強化部主導?監督主導?

上田監督は色々と経験が豊富であるので、
監督主導で強化を進めていくことになっている。
ただ、強化部主導の所が成功していることが多いらしい。


・今年は非常に反則多く、特に異議によるイエローカードが多いが?

精神的な強さも関係している。
戦うサッカーというのを誤解している選手もいる?

あと審判が湘南が反則が多いというイメージをもっているせいで、
余計に取られているという気もする。

バリのように言葉が違うせいで勝手に異議にとられていることも、
原因としてはあげられる。

ここで会場から、
守備に戦術がないから反則で止めなければいけない場面が出て、
それで精神的に苛立って異議のイエローカードが増えるのでは?
と、厳しい突込みが(笑)

戦術がないってことはないと思いますよと、
若干トーンダウンした社長のお答え。


・コンバートが多いが選手達はどのように感じているのか?

基本的に選手達はプロだから取り組んでいるが、
やりたくない選手は練習などで集中力が続かない。
そして上田監督は、

集中してコツコツできない選手は見切る


・現在は7億円規模で予算を回しているが大丈夫なのか?

確かに安定経営するならば4億円規模で回すのが良い。
しかしそれではJ1昇格の可能性がとても小さくなっている。

J1昇格は湘南ベルマーレの宿命である。
資本を増やして10億円規模にして、
J1昇格への可能性をより高くしたい。


以上が今回のクラブカンファレンスの大体の内容です。
最初は1時間の予定だったが予想外に盛り上がり、
時間ぎりぎりまで延長して議論した。
できれば次回はもっと議論の時間をクラブには用意して欲しい。
posted by kash at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・11月26日のクラブカンファレンス

おはようございます。
さすがに9時間も寝て目覚めもばっちり。
では、クラブカンファレンスの様子をカタカタと。

・今年の外国人FWはさすがにまずいだろ?(サポミ)

これは完全に強化部の失敗でしたと反省の弁。
特にカシアーノの場合は家族が日本にフィットしなかったそうな。
家族のサポートも今後の課題である。

そもそもFWは他のポジションに比べてとても値段が高い。
その中でコストパフォーマンス良くやろうとしたが、
吟味に失敗してしまった。

来年はもっとお金をかけて良い外国人FWをとる!

こういう考え方はとても好きだ(笑)
この為にも増資をしたいということなのかな?
社長の考え方としては良い外国人FWを獲得して、
チームJ1昇格への手助けにしたいらしい。


・上田監督続投はやばすぎでしょう?

サッカー界の色々な人とも相談したが、
今は我慢の時で絶対に交代はしない。
2年契約の中で現在のチームは成長の途中で、
まだ評価を下す段階ではない。

今年J1昇格という言葉を掲げたのは、
選手に高い目標を持たせるためで、
公約のようなものではなく契約条項にもない。

またJ2での6年間において、
監督が6人、強化部長が3人交代している。
これはサッカー界では非常に評判が悪いので、
オファーを受けてくれる人がいなくなる。


・AWAYで大敗が続いているが対策は?

強化部から話は聞いているがまだ話せる段階ではない。
基本的に監督には1クール毎に正式な報告をしてもらっている。
正式に話せるようになるのはその後だと思う。


・具体的な段階的目標のようなものはあるのか?

今季に限って言えばそのような目標はない。
来季は作る予定だが公表するのは難しいだろう。


・ケガ人が多いのは解決できたのか?

昨季はメンバー入り16人中12人がケガをする事態もあったが、
今季からドクターやトレーナーなどを新体制で臨んだことで、
偶然ではなく、その効果は出ていたと思う。


・選手が精神的に弱いのではないか?

チームとしても改善を目指しているが中々に難しい。
良い悪いかは別にして、意識やサッカー観については、

移籍選手と生え抜き選手の間にギャップがある

色々と噂や憶測が流れていたけども、
社長が認めるぐらいギャップがあるのか・・・orz
考え方や価値観の違いは埋めるの難しいからなぁ


さてここらで再び一区切り
今日中になんとかなるかな?
posted by kash at 10:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

11月26日のクラブカンファレンス

今朝は6時に起床した。
何せ9時半に開場というのだから大変である。
現地まで2時間かかるからのう。

天気はというと素晴らしいぐらいの快晴。
ホーム最終戦もある今日にふさわしい。

開場は前回と同様に平塚総合公園内の体育館のとある会議室。
9時40分についた時点ではまだ4人しかいなかったが、
10時過ぎには満席になっていた。

11月13日に行われたサポーターミーティングの参加者も、
ちらほらと開場では見かけることができた。

今回は社長が挙手によるアンケートを取ったのだが、
久し振り、あるいは初参加の人が過半数であった。
喜ぶべきか悲しむべきか悩ましいところである。

さて、肝心のクラブカンファレンスの内容であるが
まず最初に社長から一つの発表があった。

FM湘南ナパサにおいてクラブに関する疑問を解決するような、
特別番組を12月から1月の間に3回ほど放送するとのこと。
サポーターの疑問をぜひエールボックスに入れて欲しい。
(しまった・・・忘れた)

次にクラブの財政に関する報告。
スポンサー巡りを精力的に行った結果として、
来春にも1億円ほど増資ができる可能性があるというのだ。

ところがここで突然キレた初老の方と真壁社長の論争が始まるのである。

俺らは金の話を聞きに来たんじゃない!
チームを強くすることを話に来たんだ!

金がなければチームは強くならねーんだよ!
それは経営者の論理だ!


中々楽しいやり取りではあったが、
いかんせん今回のクラカンは時間が1時間と短いので、
すぐに周囲に取り押さえられた。

さて次の話題はサポミでも出ていた疑問
6年間で2億円も減ってしまっているが、
このまま縮小均衡が続けば倒産するんじゃないか?

実は2億円の損失は最初の予定通りで、
J2落ちて最初に外国人を2億円弱で雇って、
すぐにJ1に戻る計画だったそうだ。
ついでにその時にユニフォームスポンサーが撤退・・・

さらに今年は例年よりも強化費を使って経営は大丈夫か?
実は例年よりも少ないのだそうな。


眠いのでここで一旦終わる。
posted by kash at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

11月13日のサポーターミーティング

日曜の夜7時から試合のある週でした。
この日の天気は確か・・・曇りだった気がします。
公園内で遊んでいる親子連れが多数いました。

この日は夜に鳥栖戦を控えていましたので、
午後3時から平塚総合公園内の体育館の会議室でやりました。
確かクラブカンファレンスをやった部屋と同じです。

私が会場に到着した時には40-50人の人が車座に床に座っていました。
会場内には鉄パイプの椅子もありましたが、
場所をとるという判断をしたのかもしれません。

人数自体は会議が始まってからも10人以上入ってきたので、
結構な人数になりました。

サポーターミーティング自体は今年は2度目だと思います。
前回は同じように鳥栖戦の後に公園の野原でやりました。
残念なことにあれからチームの現状は大きな変化はありません。

会議の進行はEFSのリーダーらしき方と(雑誌のJ+に載っている)
マイクを持った女性の方でした。

マイクを持っていた女性の方の声を聞いて気が付いたのが、
おお、ベルマーレビッグウェーブのHPで良く選手のインタビューで、
選手にインタビューしている人だ!

電波が届かずFM SHONANを聞けないので、
有名人に会えてラッキーな気分になりました。

会議の始まる前に真壁社長からの手紙が読み上げられました。
「サポーターミーティングの内容についてはクラブカンファレンスで解答する。」
とのことでした。

会議の始まりは、
「外国人FWは活躍せずに帰ってしまった、何故?」
ということからでした。

現在のチームの悪い状況を反映して、
愚痴・・・と否定的にも捕らえられるような話題が続きました。

正直に言えば自分自身がそのように否定的に捕らえていましたが、
今となっては自分の不明を恥じるばかりで申し訳ない。

そう思うようになったのはEFSのリーダーの一言がきっかけでした。
posted by kash at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。